MENU

社債とは?低リスクな投資を行うのに最適な金融商品について詳しく解説

出典:Getty Images

投資には様々な方法があります。

株式投資やFX、国債や外国債券など、高リスク・高リターンな物から、低リスク・低リターンな物もあります。

投資を初めて行うなら、なるべくリスクを負いたくないと考える人は多いです。

そんな人にオススメなのが債券です。債券は発行した団体が潰れない限り、投じた元本を減らす可能性が低いです。

しかし、代表的な債券の一つである国債は利率が低く、長期運用してもあまり利益を上げられません。

一方で社債は国債よりも高利率な物があります。同じ金額を投じても、国債よりも社債の方が利益を得ることのできる可能性は高いです。

今回は国債よりも高利率な社債とはどんな物なのか、その種類、買い方などを紹介していきます。

この記事を読めば、社債がどうして国債よりも利率が良いのか、社債について理解が深まるはずです。

社債とは?

社債とは、企業が発行する債券です。

企業が新しい事業などを始める時に、個人や他の企業を対象に債券を発行し、その事業資金を集める手段です。

投資者が債券を購入すると、債券を購入した元本が償還金として戻ってくる際に利息が付きます。

元本割れを起こしにくい金融商品のため、リスクを負わずに投資運用をしたい人に向いています。

国債と違い、発行体の会社の数だけ社債はあります。

発行する会社によって、債権の最低価格、売り出される合計金額、利率などが違ってきますので、購入する際はよく内容を確認しましょう。

社債と借入の違い

会社の資金調達の方法の1つに借入があります。

借入とは、金融機関や取引先から金銭を借りる行為です。金銭を借りる、という意味では債権と借入は同じ行為になります。

社債が会社と不特定多数の人物との契約に対して、借入は会社と金銭を貸す側との一対一の契約になります。

借入の場合、企業は自社の経営状況や、事業計画を金融機関や取引先に提示し、その内容次第によって資金を得られるかどうか決まります。

一方で社債は、不特定多数の人物に対して売り出すため、資金調達のための手間が少なく済みます。ただし、目標金額に到達するかどうかは、社債の内容や企業への信頼度などが関わってきます。

社債と株の違い

事業資金を得る手段には、他にメジャーなものとして株式があります。

自社の株式を増資して、投資者に買い取ってもらい事業資金を得ます。社債との違いは、返済義務が無いという事です。会社側は利益の余剰金を投資者に還元するだけで良いのです。

投資者からすると、債券は元本割れする可能性が低いが、発生する利益が低い金融商品になります。

一方で株は価格が乱高下する事で大きな利益を得るチャンスがありますが、元本割れを引きおこすリスクのある金融商品となります。

社債の種類

社債にはいくつか種類があります。今回はその中で代表的な物を、4つ説明します。

普通社債(SB)

普通社債とは、返済期限が設定されて、その間に購入した投資家に対して利息を支払うスタンダードな債券です。

事業債とも呼び、英語で「Straight Bond」と表記することからSBと略称する事もあります。

実際に販売された社債を例に挙げると、2018年6月にソフトバンググループから販売された社債は、最低金額が100万円で年率1.57%でした。

この利息を年2回、6年間に渡って受け取る事が出来ます。そして、6年後には投じた元本が戻ってくるのです。

転換社債(CB)

転換社債とは、発行時に決められた値段で株式に転換することが可能な債券です。

債券購入後に、株式に転換するか、それとも債券のまま保持して利益と償還金を受け取るかは、投資家が決められます。

法改正によって正式名称は「転換社債型新株予約権付社債」となっていますが、長いので本記事内では転換社債とさせて頂きます。

英語で「Convertible Bond」と表記することからCBと略称する事もあります。

ただし、転換社債は普通社債に比べると、利益が低い傾向にあります。そのまま保有しても、利益は少ないです。だからといって、株式に転換して、その後値段が上昇しなければ損をする可能性もあります。

例えば、株式への転換価格が1,000円の転換社債を100万円で購入したとします。

この時、投資家は1株あたり1,000円で買う権利を持ったことになります。

その数は、100万円÷1,000円=1,000株となります。

仮に、株価が1,200円になったとします。その時も上記の転換社債を保有していると、投資家は1,000株を1,000円で購入するという権利は変わりません。

そのため、1,000円で買った1,000株を1,200円で売る事が出来るのです。

1,200円×1,000株=120万円

となるため、20万円の利益を得る事が出来ます。

私募債

社債は証券会社を通じて一般に公募されます。

一方で私募債は、特定の投資家に対して債券を発行する種類になります。

発行できる投資家に条件があり、対象人数が50人未満か、金融機関に所属しているプロの金融投資家に限ります。

そのため、購入できる投資家は、私募債を発行する企業の身内・知人・取引先が中心となります。

劣後債

劣後債とは、同じ企業が発行する普通社債に比べて利率が高いですが、購入した投資家への弁済順位が低くなる社債です。

社債は発行した企業が破たんすると、弁済順位に従って、残った財産から支払われてきます。

普通社債は株式に比べても法的弁済順位は高いため、全額とは限りませんが元本が幾らか返ってくる可能性は高いです。

一方で劣後債は普通社債に比べて弁済順位が低いため、返済は後回しにされます。そのため満額の弁済を受けられる可能性は非常に低いです。

投資家にとって、普通社債に比べてリターンが高い分、リスクも高い債権となります。

社債のメリット・デメリット

次に社債のメリットとデメリットについて説明していきます。

一見メリットが多そうな金融商品にも見えますが、しっかりとデメリットの把握し、投資に役立てましょう。

国債や定期預金よりも利率が高い

社債の最大のメリットは、国債や定期預金よりも利率が高いという点です。

2018年に発行された国債の利率は0.05%、銀行の普通預金に預けた場合の利率は0.001%となっています。

社債の利率の平均は信用格付けや年数によって違いはありますが、2018年は0.077%〜1.047%となっています。

上記にもあるようにソフトバンググループでは1.57%という高利率の社債を販売しています。同じ金額を国債や定期預金に投じるよりも、ずっと利益を得られます。

企業が破たんした場合、元本が全額戻ってくるとは限らない

企業が経営悪化などを理由に破たんした場合、残った財産から債権者に対しての弁済が行われます。

残った財産や債券の総量によって、個々人への弁済金が変動するため、投じた資金が全額返ってくる保証はありません。

元本保証が必ずしも行われないという意味では、国債や銀行預金よりもリスクは高いです。

購入できる最低単価が高い

社債は額面が定められています。

発行する企業によって額面は違いますが、50万円〜100万円などのまとまった金額が必要となります。

個人向け国債は1万円から購入できるため、投資をこれから始めようとする人には、やや敷居が高く感じられるかもしれません。

社債の購入方法

社債を購入する方法は大きく分けて2つあります。

証券会社を通じて購入

社債を購入するスタンダードな方法は、証券会社を通じて購入する方法です。証券会社に口座を開設すれば、社債を購入する事が出来ます。

ただし、証券会社ごとに扱っている社債は違います。

例えば、SBIホールディングスが発行する社債は、SBI証券のみで発行されるため、購入を検討している方は、SBI証券に口座を開く必要があります。

また、社債は発行している時期が企業によって異なっており、申し込み時期を過ぎてしまうと購入できません。

市場で取り扱われる社債は、日本証券業界が発行する銘柄一覧表で確認できるため、欲しい社債を探す際に利用しましょう。

投資信託を通じて購入

もう1つの購入方法が、投資信託会社を通じての購入です。投資信託とは、複数の金融商品を組み合わせて運用する方法で、社債も含めた信託プランがあります。

投資信託会社ごとにプランが違ってくるため、希望する社債を購入できるかどうかは難しいですが、運用を専門家に任せられるため投資を始めてやろうとする人でも安心です。

まとめ

以上が社債の解説になります。

社債は損を出しにくい金融商品ですが、運用期間が長くなり、リターンもそれほど高くはありません。

種類によってはリターンを多くする事も出来ますが、その分リスクも上昇しやすいです。ですが、数ある投資運用の中でも、比較的損を出さずに可能な投資です。

これから投資を始めようとする人や、資産運用で損を出したくないという人に向いている投資方法です。

今回の記事を読んで、社債に興味を持たれたり、実際に始められたりしたら幸いです。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事