MENU

元本保証とは?商品の特徴と仕組みについてわかりやすく解説

投資には常にリスクが付き纏います。

投じた資金が金融商品の暴落によって、一瞬でゼロになるという可能性も考えておく必要があります。特に高リターンが手に入る金融商品ほど、そのような傾向にあります。

折角、投資を始めるのですから、出来る限り損をしたくないという人は大勢いるかと思います。

そんな人にこそオススメなのが、元本保証のある金融商品です。元本保証された金融商品は、投資したお金を減らさずに、損をせずに投資が出来ます。

今回は損をせずに投資を始めたい人に、元本保証とはどういうことなのか、元本保証された金融商品はどんな物があるのかなどを紹介します。

この記事を読めば、どうして損をせずに投資が出来るのか、元本保証について理解が深まるはずです。

元本保証とは?

元本とは金融の言葉で、収益を生む元になる財産(元手)の事を言います。

つまり元本を保証するとは、資産運用に投じた資金を保証する、という意味です。

元本保証のある金融商品には2つの特徴があり、1つは運用期間中に元本が減らないという事と、もう1つは支払い時に元本が満額返って来る事を保証しています。

仮に元本保証された100万円の金融商品を購入したとして、運用期間が終了したら、利益の他に元本100万円が確実に返って来る、という事です。

ただし、元本保証されている金融商品は大抵が低リターンです。利益が少なく、長期運用になるケースが多く、短期で大きく稼ぎたい人には不向きです。

元本保証と元本確保の違い

元本保証と混同しやすい言葉として、「元本確保」があります。一見すると、元本を確保しているように思えますが、元本保証と違い元本が満額返って来ない可能性を持っています。

元本確保とは、運用期間が満期になったら元本を満額で返す、というのを確約しています。

そのため、運用期間中に元本割れを起こす可能性や、金融商品を取り扱っている会社が破たんしたら、元本が返ってこない可能性があります。

元本保証の場合、運用期間中も元本割れが発生しないため、運用期間を切り上げたりしても元本が満額返ってきます。

元本保証の金融商品はほぼ存在しない

運用している間は元本が減ることなく、ずっと利益を手に入れると、いいことずくめに聞こえる元本保証ですが、実は元本保証のされている金融商品はほとんどありません。

実は、上記で説明した元本保証と元本確保は、実際の金融の世界では明確に区分して使われていません。

元本保証と書かれた金融商品が、よくよく見れば元本確保型の金融商品だったというのは珍しくありません。ですから、言葉に惑わされず、実際の適用条件などを確認しましょう。

本当の意味で、「元本が全く減らない」元本保証をされている金融商品は国内だと2つしかありません。それは銀行預金と個人向け国債です。

この2つは様々な金融商品の中で、元本を減らさずに利益を得られる、本当の意味で元本保証をされています。

元本保証に近い低リスクな金融商品

前項で紹介したように、本当の意味で元本保証をされている金融商品は、銀行預金と個人向け国際だけです。

ですが、限りなく元本保証に近い低リスクな金融商品もあります。そこで、銀行預金と個人向け国債と共に、元本保証に近い低リスクな金融商品を紹介します。

銀行預金

銀行預金が元本保証のされている金融商品と言われても、ピンとこない方も居るかもしれません。しかし、銀行預金は本当の意味で元本保証されている金融商品なのです。

多くの方が利用している銀行預金とは、お金を預けると一定期間ごとに利息が付きます。運用期間中は預けた金額を下回る事はありません。

仮に銀行に何かあっても、1,000万円までは保証されます。以上の事から元本保証の条件を満たしており、銀行預金は元本保証のされている金融商品だと言えます。

銀行預金のメリットは、時間と手間、そして勉強などをせずに運用が開始出来る事です。

お金さえ預けておけば、あとは利息が付くのを待つだけです。そして何より、1000万円の元本保証がされているという点です。

資産運用をこれから始めようとする人に取って、金融商品を取り扱う会社が破たんして、資産が無くなってしまうという事は恐ろしいです。

銀行預金なら1,000万までの補償がされるため、安心して始められます。

デメリットは金利が低い点です。これから説明する他の金融商品と比べても、金利が低いためリターンは少ないです。

また、普通預金ならすぐに引き出せますが、定期預金の場合は途中でお金を引きだそうとすると解約手続きが必要になるという手間があります。

個人向け国債

国債とは、財務省が発行している債券です。

一定金額を購入すると、定められた期間を過ぎると元本に金利が付け足されて返ってきます。個人向け国債は金利と満期になる期間が違うものが3種類あります。

「変動10」は金利が半年事に見直され、満期までに10年かかります。

「固定5」は金利が固定されますが、満期が5年となっています。

「固定3」は金利が固定されますが、満期が3年と短くなっています。

個人向け国債は1万円単位からスタートができ、日本が財政破たんや国際社会での信用を無くさない限りは元本割れを起こしません。

デメリットは金利が低い点です。銀行の普通預金よりは高い傾向にありますが、2018年の個人向け国債の金利はどれも0.05%となっており、10万円分購入したとしても利息は年50円となります。

また、中途解約すると直前2回分の利子を元本から差し引かれます。購入してすぐに解約しない限りは、元本割れは起きませんが、それでも利息が減ります。

個人向け社債

国が発行している債券が国債なら、社債は会社が発行している債券です。

会社が事業資金を必要とする時に、個人や企業を対象に社債を売って資金を得ます。

株との違いは、社債を持っていても経営に参加する権利はもらえませんが、会社が赤字でも利息が発生し、元本も戻ってきます。

社債によって細かいメリットは違いますが、国債よりは利率が良い事が多いです。年に1回から2回ほど利子が発生します。

デメリットは、国債に比べて元本が返って来ない可能性があるという点です。会社の業績が悪化しても、利息や元本は保証されますが、会社が倒産した場合は、お金が戻って来ない可能性も考えられます。

公社債投資信託

公社債投資信託とは、国債や地方債などの「公社債」のみで運用される、投資信託です。

証券会社などで購入でき、普通の投資信託とは違い、元本割れを起こす可能性がとても低いのが特徴です。

公社債投資信託には、国内債券以外にも外国債券型や両方を扱う内外債券型の3種類があります。海外の公社債は為替の影響などもあり、リスクが高くなっています。

デメリットは、マイナス金利を導入した結果、利益を出すのが大変難しくなったことです。

記事執筆時点での国内型の公社債投資信託の金利は0%の所もあり、資金を投じても利息がほぼ発生しません。

保険商品

保険の中にある貯蓄型保険は、保険料払込期間が終了後に解約すると解約返戻金が発生します。

これは払い込んだ保険料に利息が足されているため、資産が増えて戻って来るのです。

貯蓄型保険のメリットは、満期後の解約の場合、払い込んだ保険料の総額よりも解約返戻金が上回るという事と、保険によって保障が付くことです。

貯蓄型保険には終身保険・個人年金保険・学資保険・養老保険の4つがあります。

終身保険の場合は、死亡保険があるため支払期間中に亡くなると、契約した保険が受け取れます。貯蓄をしつつ、何かあった時の保障を受けられるのが貯蓄型保険のメリットです。

デメリットは、保険料を支払っている間に解約すると、解約返戻金が低くなり、支払った保険料の総額を下回る可能性があるという事です。

また、年齢がある程度高いと、返戻金の利率が低いです。なるべく若い頃に加入しておくと、リターンを高くする事が出来ます。

低リスクでも高利回りな金融商品も存在する

元本保証のされている金融商品は、基本的には低リスク低リターンな商品が多いです。特に銀行預金は年率0.001%、国債は年率0.05%と大変低い利率となっています。

その一方で、高利回りな金融商品も中にはあります。

例えば、ソフトバンググループが2018年に発行した社債は、年率1.57%前後と大変高い利率となっています。

期限は6年で、年2回利息が発生します。購入できる金額が100万円と1億円となっているため、手を出しにくいですが、それでも他の商品に比べれば金利は高いです。

他にも、SBI証券が発行する社債は、期限が1年から2年で、年率0.5%から1.5%となっています。このように低リスクでも高利回りな金融商品も存在しています。

まとめ

以上が元本保証の解説になります。元本保証は損を出しにくい金融商品ですが、低リターンで長期運用になるケースが多いです。

それでも、投資運用でなるべく損を出したくない人には向いている金融商品となります。

また、これから資産運用を始めるという人にも向いています。

今回の記事を読んで、元本保証の金融商品に興味を持っていただければ幸いです。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事