The Motley Fool

生活防衛資金とは?どれだけ貯めておいた方がいいのか詳しく解説

投資は失敗するリスクがあります。投資に使った資金が元本割れを起こしてしまい、お金が戻って来ない可能性も十分考えられます。

そのため、資産運用をするにあたって、資金は余裕資金を使うべきだと言われています。

余裕資金とは資産運用に使っても生活が困らない資金の事を指します。

資産運用は余裕資金で始めるべき理由。資産に対する余裕資金の割合も説明。

その余裕資金を捻出するためにはまず、自分が毎月どれだけのお金を使い、そしてこれからの人生設計でお金を必要とするのかを考えなくてはいけません。これを生活防衛資金と言います。

今回は余裕資金で資産運用を始めようと考えている人に、生活防衛資金がなんなのか、独身や夫婦で違ってくるのか、どこの口座に預ければいいのかなどを詳しく解説します。

生活防衛資金とは?

生活防衛資金とは、仮に収入が全く無くなった状況でも生活していけるお金の事を指します。

今の世の中、世界情勢次第で不況が発生し、突然のリストラが起きる可能性は十分考えられます。

あるいは病気や怪我で短くない期間、仕事ができなくなり収入が途絶えるかもしれません。

そういった非常事態に備えてお金を用意しておくのが生活防衛資金の考え方です。

仮に無収入の状態が半年続いても、しっかりと生活防衛資金を残していれば当面の生活に困る事はありません。

また、余裕資金で資産運用をしていて、仮に失敗して資金が底を付いたとしても、慌てる心配もありません。

生活防衛資金とはどんな事があっても、すぐには生活が困らないという精神安定剤に近い効果もあります。

なお、この生活防衛資金とは一般的には現金や銀行などの預金を指します。不動産や金融商品は時期によって価格が変動するため、生活防衛資金とはみなしません。

この生活防衛資金とは非常時以外に切り崩してはいけないお金です。ですから、資産運用を行った結果、この資金に手を出すようなことをしてはいけません。

生活防衛資金はいくら必要なのか

次に独身の方や家族がいる方によって、生活防衛資金がどのように変わるのかについて説明していきます。

独身者の場合の生活防衛資金の目安

生活防衛資金は一概にいくら必要だとは言えません。その人の収入やライフスタイル、環境などによって違ってきます。

そのため大まかな目安としては、独身者なら月収の半年から一年分を生活防衛資金として溜めておきましょう。

独身の場合、一人暮らしをしているか実家暮らしをしているかで、家賃や光熱費などに大きな違いがあります。

また子供や扶養者が居ないので、出費が一人分になるため、必要以上に生活防衛資金を貯めておくこともありません。

夫婦の生活防衛資金の目安

夫婦の場合、夫・妻だけが働いているか、あるいは共働きで必要な生活防衛資金の目安が大きく違ってきます。

というのも、共働きのケースだと収入に差はあっても無収入状態というのが起こりにくくなります。また、夫婦に子供が居るかどうかでも違ってきます。

まず、夫か妻のどちらかだけが働いており子供が居ない場合は、生活防衛資金として月収の一年から一年半分を貯めましょう。

光熱費や食費などの生活費が二人分のため、独身よりも増額しています。

次に子供が居る場合は、生活防衛資金は月収の一年半から二年分を貯めましょう。

光熱費や食費などが子供の居る分増えたのと、子供の年齢にもよりますが、授業料や塾代などの子供ならではの出費が増えるためです。

次に夫婦が共働きをしている場合の生活防衛資金の目安に付いて説明します。夫婦が共働きをしていて子供が居る場合は月収が多い方の一年から一年半分を貯めましょう。

夫婦が共働きをしている場合、二人そろって無収入になってしまうケースは少ないです。

そのため、収入は減ってしまいますが生活防衛資金を切り崩さなくても大丈夫という場合があります。ただし、子供が多い場合は何が起きるか分かりませんから、もっと貯めておくべきです。

今回、独身と夫婦、それぞれのパターンでの生活防衛資金の目安を説明しましたが、あくまでも目安です。

実際の生活防衛資金がいくら必要になるのかは、個々人の環境や収入で大きく違ってきます。その点を考慮した上で計算してください。

生活防衛資金の預け先はどこが適切なのか

上記にもあるように、生活防衛資金は困った時の非常用のお金です。そのため普段から生活用に使う口座や、投資用の口座とは別の所に預けておくのがベストです。

しかし、現在の銀行の金利などを考えると普通預金などに預けていても利息が付きません。

なので、少しでも金利が付く定期預金などのキャンペーンを行っている銀行口座などを探して開設しましょう。高金利とは言えませんが、眠らせておいた資金が少しでも増えれば嬉しくなりますよね。

ただし、生活防衛資金を一カ所に集めて預けておくのは止めておきましょう。あまり考えにくい事ですが、銀行に何かあった場合、口座に預けていたお金は全額引き出す事は出来ません。

面倒かもしれませんが、複数の口座に分割して管理するのが望ましいです。

投資を始める前に、まずは生活防衛資金を把握しよう

繰り返しになりますが、投資は失敗するリスクがあります。つぎ込んだお金が戻って来ないという可能性も十分に考えられます。

そうなっても大丈夫なように、自分の持っているお金を正確に把握して、生活防衛資金と余裕資金に分けて管理、運用するように心がけましょう。

また、資産運用を始めるつもりが無くても、生活防衛資金は貯めておくべきです。

自分の将来にどんな事が待っているのかは誰にも分かりません。独身なら自分だけの問題ですが、結婚して夫婦だったり、子供が居たら家族の生活も守らなくてはいけません。

そんな時に備えて生活防衛資金を貯めておきましょう。

まとめ

以上が生活防衛資金の詳細解説になります。

投資をこれから始めようとする人は、まず自分の足元をしっかりと固める所から始めましょう。

今回の記事を読んで、投資や生活防衛資金に付いて興味が出たり、助けになったら幸いです。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事