The Motley Fool

【米国株動向】テスラ、中国において大きな成長の可能性

モトリーフール米国本社、202014日投稿記事より

テスラ(NASDAQ:TSLA)は中国で製造したモデル3を中国の顧客に納車する準備ができています。

テスラは工場建設から自動車生産までを迅速に実行しました。

上海工場

テスラが2019年1月6日に上海で工場を建設し始めた時、1年後に自動車を生産できるようになると考える人は少なかったでしょう。

テスラは上海製車両を中国顧客に納車する準備ができています。

また、第4四半期決算で、同工場は一週間あたり3000台を超える生産能力があると述べました。

そして、上海工場にはテスラ世界納車数の約40%に相当する年間15万台の生産量を可能とする設備を設置したと発表しました。

車両生産を加速させるには時間がかかるでしょう。

しかし、テスラは以前、カリフォルニア州のフリーモント工場でモデル3の大量生産を実現しています。

そのため、上海製モデル3の生産を加速させることは可能だと思われます。

大規模な成長機会

世界最大の自動車市場である中国は、電気自動車メーカーにとって大きな成長機会があり、この中国の工場はテスラにとって非常に重要な存在になります。

CEOのイーロン・マスクは、中国におけるモデル3の長期的な需要は一週間あたり5000台になると考えています。

少なめに見積もったとしても、年間20万台を超えます。

テスラは中国で車を生産することで関税を回避することができ、補助金を受け取ることができるいというメリットがあります。

フリーレポート配信

配当株探しの3つのヒントを示すとともに、注目銘柄もご紹介します。

配当株探しの3つヒントと注目3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Daniel Sparksは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、テスラ株を保有し、推奨しています。

最新記事