The Motley Fool

【米国株動向】増収増益により12月にカーニバルの株価が13%増

モトリーフール米国本社、202016日投稿記事より

クルーズ船大手のカーニバル(NYSE:CCL)の株価は11月に13%上昇しました(S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンス調べ)。同期間にS&P 500は3%増となりました。

同社の第4四半期(9~11月)決算で、カーニバルは6年連続の増収増益を記録しました。

しかし、過去数年見られた成長に比べると見劣りします。

カーニバルの増収率は2018年の2桁成長と比較して、わずか3%の増加にすぎませんでした。

CEOのアーノルド・ドナルドはヨーロッパの景気の弱さのため、2020年も同じような増収増益になるであろうと考えています。

それでも、カーニバルは2020年に記録的な利益を達成すし、2021年には大きく成長できるようになることを期待しています。


フリーレポート配信

長期的に成長を継続させる米国株について、投資家として知っておきたい情報を最新レポートとしてまとめています。「【2020年版】米国成長株6選。EC化・デジタル化の波に乗れ! 」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Demitrios Kalogeropoulosは、フェイスブック株を保有しています。モトリーフール米国本社は、フェイスブック株を保有し、推奨しています。

最新記事