The Motley Fool

資産運用は余裕資金で始めるべき理由。資産に対する余裕資金の割合も説明。

資産運用を始める時に重要になるのが、自分はどれだけの資金を投資に運用できるかという事です。

資産運用はリスクが常にあります。リターンが大きい物ほど、失敗した時の損失も大きくなる可能性を孕んでおり、それこそ投資した資金が全て無くなってしまう可能性も考えておいた方が良いでしょう。

家族の生活や老後の計画を顧みずに、収入の全てを資産運用につぎ込むのはリスク管理の面で適切とは言えません。

賢く長く資産運用を行うには、自分の収入をきちんと把握して計算することが大事です。

では、どれだけの資金を投資に運用できるのか、その指標になるのが「余裕資産」です。今回は余裕資産がなんなのか、どれだけあれば余裕資産なのか詳しく解説していきます。

余裕資金とは?

余裕資産とは、手持ちの資産のうち、生活費や非常時に備えて残しておくべきお金を指し引いた残りのお金です。

簡単に言うと、資産運用した結果、投資したお金がゼロになっても困らない資金です。余剰資金とも言います。

いくらから余裕資金と言える?資産に対する割合は?

余裕資金を計算する際には、銀行預金や現金がいくらあるか、預金額を算出します。その際、持ち家や土地といった不動産や、すでに投資に使っている株や債券は除外します。

次に近い将来必要になる予定のお金を算出します。

例えば、子供の入学費や授業料、車のローン、家賃、結婚や出産などの大きなイベントも含みます。目安としてはこれから5年間で発生するだろうお金を項目ごとに書きだします。

そして収入が一時的に途絶えた際の資金を計算します。怪我や病気、あるいはリストラなど予想外な事態で収入が一時的に途絶えてしまう可能性は十分あります。

そういった事態に備えて月々の生活費を確保しておく必要があります。目安としては月収の半年分は確保しておきましょう。自営業の場合は、より多くの資金を用意しましょう。

預金額から上記の将来使う予定のお金と非常用の資金を引いた残りが、余裕資金となります。ただし、これを全額使って資産運用するのは止めておきましょう。

投資内容によっては損失が膨らんだりして追加購入する必要があるかもしれせん。また、思いがけないトラブルで纏まった資金が必要となるかもしれません。

そんな時に備えて、資産運用をする時は余裕資金の半分から六割を目安にしましょう。あるいは、資産運用に失敗しても精神的にショックを受けない割合を自分で決めて、そのルールを守りましょう。

投資はなぜ余裕資金で行う必要がある?

余裕資金で投資を行うべき理由は、投資には元本割れのリスクがあるからです。

元本割れとは資産運用に回した資金が利益を生むどころか、購入した代金を下回る事です。仮に余裕資金以上の資金をつぎ込んで購入した株式が一気に下落したら、生活が困窮してしまいます。

余裕資金で資産運用をするなら、元本割れを起こした時でも生活が苦しくなる事はありません。

また、元本割れを起こすかもしれないと思い悩むストレスと無縁の生活を送れます。

資産運用は生活する環境が整っている事が大事です。無理ない資産運用を行うには、余裕資金で行うのが一番です。

余裕資金を捻出する方法

当然ではありますが、余裕資金(元本)が少ないと投資の際のリターンも少なくなります。

そこで次に重要なのが、いかに余裕資金を捻出するかとなります。

収入が増えれば余裕資金も増えますが、それは中々難しいですね。余裕資金を増やす一番の近道は無駄な生活費を節約する事です。

例えば、車のガソリン代を減らす為に電車通勤に切り替えたり、スマホの通信会社を格安な会社に変えたりしてみましょう。

不要な外食も出来る限り減らし、毎月発生する生活費を減らした分を余裕資金に回しましょう。

仮に余裕資金が1,000万円ある場合の投資例

生活費を見直して余裕資金を算出した結果、1,000万円あったとします。

上記にもあるように余裕資金を全額投資につぎ込むのはリスクが高いです。

ですから、余裕資金の半分は何かあった時のために残しておき、残りの500万円でどんな投資をするのか考えてみましょう。

今回は債権・株式のみで例を用います。

証券会社の格言に「卵は一つのカゴに盛るな」という言葉があります。複数の卵を一個のカゴに入れておくと、そのカゴが落とした時には全部の卵が割れてしまうという意味です。

この場合の卵とは資金で、カゴは金融商品です。

つまり持っている資金を一つの金融商品に集中させると、その商品が値下がりした際に、総資産がそのまま毀損してしまうというメッセージなのです。そこでオススメなのが分散投資です。

分散投資とは文字の通り、投資先を分散する事です。今回の場合500万円の資金で投資をするのですが、例えばその資産を2つに分けます。

片方はローリスク・ローリターンの金融商品を購入し、もう片方をハイリスク・ハイリターンの金融商品を購入します。

こうしておくと、ハイリスク・ハイリターンの金融商品が暴落したとしても、それは余裕資金全体の25%のため、ダメージを抑える事が出来ます。

リスクの大きさは一般的には、「国内債券<外国債券<国内株式<外国株式」となっています。

安定した資産運用を望むなら、現金500万円を残して国内債券40%・外国債券30%・国内株式20%・外国株式10%という組み合わせがオススメです。

逆にお金をなるべく増やしたい人には、現金500万円を残して国内株式20%・外国債券20%・国内株式30%・外国株式30%という組み合わせも考えられます。

資産運用の方法は様々です。今回は債権・株式だけで例を出しましたが、外貨預金やJ-REIT、FXなどリスク・リターンが様々な物があります。

自分の家族構成やライフスタイル、性格、収入などから向いている物を選びましょう。

まとめ

資産運用は元本割れを起こすリスクがあります。投資したお金が帰って来ないという可能性もゼロではありません。

最悪の事態も想定して余裕資金で資産運用を行うのがベストです。その際も全額を資産運用に回さず、現金を一定の割合残しておくのを心がけましょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事