The Motley Fool

長期成長銘柄3選

モトリーフール米国本社、20191210日投稿記事より

成長企業の中には、製品やサービスで新しい市場を作ろうとしている企業もあれば、まだ存在しないニーズへのソリューションを生み出そうとしている企業もあります。

なお、既存ニーズをすでに満たす株に投資でき、そして、そのニーズが今後10年で大きく伸びることが明らかな場合はどうでしょうか。

この視点から、産業用ソフトウェア企業のPTC(NASDAQ:PTC)、ダッソー・システムズ(OTC:DASTY、以下「ダッソー」)、コグネックス(NASDAQ:CGNX)が注目されています。

4次産業革命

英国が第1次産業革命(蒸気と化石燃料の電力)を主導し、第2次(電化)がヨーロッパとアメリカで実現されました。

第3次(自動化とコンピュータ)は初期の技術採用者によって産業レベルで確実に推進されました。

ドイツと日本という自動車製造大国が世界をリードする自動化およびロボット企業の本拠地になったことは偶然ではありません。

第4次産業革命は自動化プロセスで、モノのインターネット(IoT)Web対応デバイスの使用に対応しています。

第3次産業革命での自動化の採用は、人件費と比較した費用対効果によって推進されました。

しかし、第4次は、自動化でIoTソリューションを使用する生産性の向上によって推進されます。

第4次の内容は以下の通りです。

・製造および加工の自動化の浸透がより一層進行

・産業用ソフトウェア、デジタル化、IoTにより、自動化の生産性が向上

・自動化の投資利益率が上昇し、自動化の採用が促進

PTCおよびダッソー

PTCのスイングワークス・プラットフォーム(以下「スイングワークス」)は、企業の物理的資産とデジタルの世界を接続します。

Web対応デバイスからのデータをシミュレーションモデルに入力して、実際のプラントの機能を向上させることができます。

スイングワークスは、既存のコンピューター支援設計(CAD)および製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションへの追加です。

一言で言えば、企業は物理的資産をデジタル的に設計(CADを使用)および管理(PLMソフトウェアを使用)することができ、結果を改善するためにスイングワークスを介して修正も可能です。

アナリストは、PTCの予測した2桁の売上高成長が今後数年間で年間約30%の利益の成長につながると考えています。

PTCの産業用ソフトウェアのライバルであるダッソーは、近い将来の急成長プロファイルを持っていませんが、市場をリードする立場にあります。

産業部門の減速にもかかわらず、ダッソーは13.5%の売上高成長を目指しています。

それをリードしているのは、ユーザーがいわゆるデジタルツイン(現実の機器の稼働状況などをリアルタイムで収集する一方、仮想空間上に機器を構築し、それらのデジタル情報を用いてシミュレーションを実施すること)を作成できるダッソーの3Dプラットフォームです。

これにより、企業は物理的資産のパフォーマンスを改善するためにデジタルツインのパフォーマンスをモデル化およびシミュレートできます。

このプロジェクトに、ボーイング、ロッキードマーチン、トヨタなどの有力顧客企業が参加しています。

実際、3D体験ソフトウェアの売上高は2019年の最初の9か月で32%増加し、現在ではソフトウェアの総売上高の27%を占めています。

コグネックス

スマートオートメーションが製造およびeコマースのロジスティクスの未来である場合、コグネックスの高精度画像処理技術を使ったマシンビジョンソリューションは、業界の成長の重要な部分になるでしょう。

コグネックスのソリューションは、自動化されたプロセスの監視、ガイド、および識別に役立ちます。

2019年は、自動車および家電業界が減速し続ける厳しい年でしたが、アナリストは今後、コグネックスが堅調な成長に回帰すると考えています。

コグネックスの経営陣は、ロジスティクス(主にeコマースロジスティクス)を50%成長させ、長期的に全体の売上高を年間20%の割合で成長させられると考えています。

フリーレポート配信

米国株式市場で株価が急上昇していますが、株式市場と米国経済の現状が一致しない理由をレポートとしてまとめています。

不況入りする中で米国株式市場が好調な3つの理由」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Lee Samahaは、 ハネウェル・インターナショナル株、シーメンス株を保有しています。モトリーフール米国本社は、コグネックス株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、ダッソー・システムズ株を推奨しています。

最新記事