The Motley Fool

2020年に注目の3銘柄

モトリーフール米国本社、2019年12月30日投稿記事より 

新しい年を迎え、割安株として注目に値する3銘柄、スターバックス(NASDAQ:SBUX)、コムキャスト(NASDAQ:CMCSA)、およびシーゲイト・テクノロジー(NASDAQ:STX)を紹介します。

1. スターバックス

スターバックスは過去最高値から少し後退しましたが、2019年の同社のパフォーマンスは素晴らしいものでした。

スターバックスのモバイルアプリと季節ものの新製品に支えられて、世界の既存店舗売上高が5%増加し、株価は急上昇しました。

スターバックスはプレミアムコーヒー業界のリーダーですが、この大型株は成長し続けています。

同社は、2番目に重要な中国市場においてラッキン・コーヒーとの激しい競争に直面しています。

そのため、同社は中国に4000以上ある店舗を、さらに2000店舗程度増やす予定です。

2019年秋には配当を14%増やしました。

今後の増益見通しを考慮すると、今後多くの配当が得られる可能性があります。フリーキャッシュフローは、過去5年間で45%増加しています。

スターバックスの予想PERは25.7倍ですが、同社株式の買いを検討すべきでしょう。

ブランド力と新興市場における成長により、今後も高成長を維持できるでしょう。

2. コムキャスト

ディズニーは、フォックス社の関連ビジネスの買収を完了し、ネットフリックスのライバルであるDisney +を立ち上げました。

また、ディズニーは2019年の映画業界を圧倒し、6つの映画の興行収入が10億ドルを超えました。

しかし、もう1つの大きなメディア大手であるコムキャストも注目すべきでしょう。

同社はテーマパークではなく、Xfinityというケーブル通信オペレーションに重点を置いています。

Xfinityについては賛否両論がありますが、視聴者が四半期ごとに数十万件ずつ増加し続けているため、事業がうまくいっていることは否定できないでしょう。

実際、2019年の株価は32%増加しています。

コムキャストが過去10年間で買収を成功させてきました。

2009年に、ゼネラル・エレクトリックからNBCユニバーサルを300億ドルで獲得し、2018年に86億ドルの利益を上げました。

そして、2019年の3四半期だけでさらに68億ドルの利益を上げました。

それに続いて、同社は英国の放送局スカイを2018年に388億ドルで買収しました。2019年にスカイは23億3,000万ドルのEBITDAを生み出しました。

さらに、コムキャストは2020年4月に、ストリーミングテレビ業界への最初の参入であるPeacockを立ち上げるために、自身が持つエンターテイメントコンテンツを利用しようとしています。

1.9%の配当利回りと13.5倍のPERを考えると、注目すべきバリュー株だと思われます。

3. シーゲイト・テクノロジー

3つの株式の中で2019年に最も上昇したのは、シーゲイト・テクノロジーです。

同社は、2019年に57%も上昇しました。

その上昇後においても、同社株式は予想PERわずか11.3倍で取引され、4.3%の配当利回りを誇ります。

シーゲイトは、他のデジタルメモリメーカーとともに循環的な不振に陥っています。

しかし、業界トップのマイクロンとシーゲイトの経営陣によると、メモリチップの販売の底は近いかもしれません。

シーゲイトは、2020年度第1四半期にも、前年比で売上高と1株当たり利益が増加する可能性があると述べました。

シーゲイトは現金創出力も高く、第1四半期の売上高は25.8億ドルに対しフリーキャッシュフローは3億900万ドルでした。


フリーレポート配信

長期間に渡り高めの配当を維持したり、増配している米国株について、投資家として知っておきたい情報を最新レポートとしてまとめています。「2020年にむけて注目したい米国配当株・REIT6選」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Nicholas Rossolilloと彼の顧客は、コムキャスト株、マイクロン・テクノロジー株、スターバックス株、ウォルト・ディズニー株を保有しています。モトリーフール米国本社は、ネットフリックス株、スターバックス株、ウォルト・ディズニー株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、ラッキン・コーヒー株を保有しています。モトリーフール米国本社は、コムキャスト株を推奨しています。モトリーフール米国本社は、ウォルト・ディズニー株のオプションを推奨しています(2021年1月の60ドルのロング・コール、2020年1月の130ドルのショート・コール)。

最新記事