The Motley Fool

投機と投資・ギャンブルの違いとは?正しい資産運用の方法を理解しよう

「投機」というと、どのようなイメージを想像しますか?

「ギャンブルと同じ」、「一攫千金」など、あまりいい印象がないかもしれません。

また、「投資との区別がつかない」と思っている投資家もいるでしょう。

今回は、「投機と投資・ギャンブルの違いは何なのか」、「正しい資産運用の方法はどのようなものか」ということを詳しく解説していきます。

実は、投機と投資の区別を理解しておくことは資産運用においてとても大切なことです。

最初は「投資」として、長期的な値上がり益を狙ったはずが、短期的な値動きに惑わされて頻繁に売買を繰り返してしまう「投機」をいつの間にか行っている投資家も多いからです。

きちんと区別を理解し、自分の取引は「投資」なのか、「投機」になっていないのかを常に確認するようにして下さい。

それでは、「投機」と「投資」の違いから見ていきましょう。

投機とは?投資との違い

「投機」とは、市場の短期間の値幅の差額を狙って行う売買取引のことです。

値上がり益だけを狙う手法を「キャピタルゲイン」といいます。

株式のデイトレードや先物、為替のFXトレード(証拠金取引)などがあり、誰かの利益が誰かの損失になることから「ゼロ・サム」ゲームといわれています。

一方、投資は「プラス・サム」の経済行為です。主に、株式や不動産、債券を長期で持つことを指します。

企業や国の経済成長と共に資産価値が増え、配当や利子、家賃収入などのインカムゲインも得ることができます。

つまり…

  • 投機 = 短期的な値上がり益だけを狙う(キャピタルゲイン)
  • 投資 = 長期的な値上がり+配当や利子(キャピタルゲイン+インカムゲイン)

となります。

投機にメリットはある?

投機の魅力は、短期間で大きな利益を得る可能性があるということです。

実際に、「1年で1億円儲けた」「短期間で資産が2倍になった」といったことがあるのも事実です。近年では仮想通貨の記憶が新しいでしょう。

ただし、短期トレードで常に勝ち続けるということは非常に困難です。一時的に勝つことはできても、長期間勝ち続けることができるのは一部のトレーダーだけです。

先ほど、投機は「ゼロ・サム」ゲームだと書きました。

一部のトレーダーが大きく利益をだしている背後には、多くの負けているトレーダーがいるのです。

投機をするのが必ずしも悪いというわけではありませんが、投機を行う場合は、リスク管理を徹底するようにしましょう。

過剰なレバレッジ(自己資金の何倍もの取引を行うこと)は控え、損切りを確実にするようにルールを決めておくことが大切です。

投機はギャンブルに近いのか

出典:Getty Images

ギャンブルは胴元(主催者)がいて、場所代などの高額な手数料を取っています。

手数料や胴元の利益を差し引いた残りを参加者同士で争う仕組みです。

例えば、日本国内のギャンブルの還元率は以下のようになっています。還元率とは、掛け金に対してユーザーに戻ってくる割合のことです。残りは胴元の利益となります。

  • パチンコ…85%
  • 公営ギャンブル(競馬・競輪・競艇)…75%
  • 宝くじ…45%

パチンコでは15%、公営ギャンブルでは25%、宝くじでは55%も胴元に利益を取られています。

このことから、ギャンブルは「マイナス・サム」のゲームです。つまり、やればやるほど負けが膨らむ仕組みになっています。

「一攫千金」狙いということであれば、投機とギャンブルは近いといえます。しかし、投機では「リスク管理」を徹底すれば勝てることもできます。

投機をギャンブルにするかどうかは、「リスク管理」にかかっているといえるでしょう。

なぜ投機をしてしまうのか

投機をしてしまうのは「短期間で大きな利益を得たい」という欲求があるからです。

もちろん、投資でも投機でも「利益を得る」という目的は同じです。

ただ、適切なリスク管理ができずに大きな利益を狙うのは、投機ではなく、ギャンブルに近い行為です。

リスクを取りすぎると、損失が膨らむ可能性があります。安定して利益を上げるためには、それなりのスキルが必要なのです。

投機の魅力の一つに「レバレッジ」があります。レバレッジとは資金の何倍もの取引ができることです。

主な金融商品のレバレッジを確認しましょう。

  • 信用取引(株)…約3倍
  • FX…25倍
  • 先物(日経225先物)…20~30倍(証拠金によって毎週変動)

レバレッジは高くなればなるほど、ギャンブル性は高くなります。

相場がポジションの逆に動けば大きな損失がでてしまいます。十分な資金管理が必要です。

資産運用を投機にしないために

資産運用とは、持っている資産を管理・運用して、リターンを得ていくことです。資産運用には、「貯蓄」と「投資」の2種類があります。

貯蓄とはお金を蓄えることで、銀行の預貯金などが当たります。

一方、「投資」とは中長期でお金を増やしていくことで、株式や投資信託の購入などがあります。

注意しなければいけないのは、同じ金融商品でも運用方法によって「投資」にも「投機」にもなりうるということです。

例えば、株式投資においては、信用取引で1日に何回も売り買いを繰り返すのは「投機」です。

一方、配当を取りながら長期的な値上がり益を享受するのは「投資」になります。

短期的な値動きに惑わされずに、配当や利子などの「インカムゲイン」をメインに中長期で投資を行うことが、資産運用において大切だということを忘れないようにしましょう。

投機に対して長期投資を行うメリット

投機に対する長期投資のメリットは主に次の2つです。

手数料等のコストがかからない

投機では短期的な取引を繰り返すので、そのたびに手数料などのコストがかかります。

FXなど、手数料がない取引でも売値と買値の差額である「スプレッド」というコストがかかります。

1回当たりの金額は小さくても、何回も繰り返す間に大きな金額となります。

長期投資は基本的に1度買ったら保有し続けるだけです。

もちろん、環境の変化や企業の業績などによって売却することもありますが、投機よりもはるかに安いコストで済みます。

収益が安定する

証券に長期投資すると、短期投資に比べて収益が安定する傾向があります。

1年で見ると大きく上昇したり、大きく下落したりする年がありますが、10年、20年単位でみると安定してくるのです。

以下の図をご覧ください。

1966年~2005年までの40年間について、東京証券取引所一部上場銘柄全体の投資収益を期間別に見たものです。

出典:投資信託協会

1年間で見た場合は、最高72.1%、最低-24.8%ですから、96.9%もの開きがあります。10年、20年と期間が長くなるにつれて開きは小さくなり、30年ではわずか6.0%となっています。

期間が長期になればなるほど、収益が安定しているのが分かると思います。資産運用は短期的な値動きに惑わされずに、長期で安定的な収益を目指しましょう。

まとめ

今回は、投機と投資・ギャンブルの違いを見てきました。

投機が悪いというわけではないのですが、勝ち続けることは非常に困難です。資産運用とは、「長期投資で安定収益を得る」ことだということを認識しておきましょう。

自分の取引が「投資」なのか「投機」なのかをきちんと確認して、正しい資産運用を行うようにしてください。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事