The Motley Fool

日本政府が巻き返しを狙うポスト5Gとは?5G関連の投資先を解説

2020年は新しい通信網、5Gがスタートするため、通信関連や電気機器メーカー関連の投資が活発となっています。

そんな中、日本政府がポスト5G通信に対する投資ファンドを設立すると発表しました。

そこで今回は、日本政府が巻き返しを狙うポスト5G通信を解説します。

5G通信とは

5G通信とは、次世代の移動通信システムの事です。

現在、国内で使われている4G通信よりも高速化・大容量化・超多数端末接続に成功するとされる第5世代移動通信システムになります。

今の世の中では一人が複数台の通信端末を所有しているのが当たり前となり、通信システムに負担を掛けています。

娯楽だけでなく、セキュリティや医療、教育の現場でもインターネットを用いたシステム・端末が導入されるようになり、通信量が2010年からわずか10年で1000倍に増えると予想されていました。

そのため、日本のみならず世界中で5G通信回線の設立が急務となり、競うように技術が進歩。

中国では2019年11月より、日本では2020年から5G通信がスタートします。

5G通信によって暮らしはどうなるのか

5G通信網が確立されると、暮らしがどのように変化するかというと、インターネットに接続したときのデータ量が増えます。

たとえば、毎日血圧や心拍数を測っているいる場合、その記録がかかりつけの医者に自動で送信されるようになり、医者は数値の変化から体調管理のアドバイスを送れるようになります。

これまでは端末と端末をインターネットで繋ぐ場合は、中央のクラウドでデータのやり取りをしていましたが、5Gが確立されれば、ユーザーの近くに置かれたネットワーク内のクラウドでデータのやり取りが可能になるため、容量の重いデータを瞬時に送受信可能です。

内容の違うサービスを一緒くたに通信していましたが、大容量化すれば、サービスごとにインターネット回線を分けることが出来るため、他の回線・サービスのせいで遅延するというデメリットが減らせます。

現時点だと、5G通信網によって、自動車の自動運転化、ドローンのコントロール範囲の拡大、工事用重機の遠隔操縦など、様々な分野に大きな影響と進歩を与えるとされています。

5Gによって生活が便利になるかどうかは、企業の努力と熱意の他に、政府の支援が必要になります。

日本政府のポスト5G通信への投資

日本政府は2019年10月末に、次世代5Gに関する会議を開催。

5G技術でリードする中国に対して、5Gの次に来る通信技術で巻き返しを図るのが目的です。

日本では、5G通信に必要な最先端半導体開発の技術はありません。

最先端半導体の技術で世界をリードしているのは、台湾積体電路製造やインテルといった、台湾やアメリカのメーカーになります。

スマートフォンなどに使用する半導体や通信基地の国際シェアを見ると、サムスンやファーウェイ、エリクソンなどの海外メーカーが主流となっており、日本メーカーのシェアは1%にも満たしていません。

かなり劣勢な状況のため、5Gでの競争よりも、その次に来るポスト5G通信への投資を優先するべきだと日本政府は判断しました。

5G通信では、主に通信データの大容量化が注目されていますが、ポスト5Gでは、多数同時接続や速度遅延によるタイムラグの最小化に注目が集まるだろうと予測。

これらの分野に特化した企業への研究開発支援として、2200億円余りの基金を設立すると発表し、経済産業省と財務省で調整が始まっています。

5G通信に関連した株式

5G通信の競争では中国や台湾に大きく出遅れた日本ですが、ポスト5G通信を睨んで基金が設立されるのは喜ばしいニュースです。

投資によって設備が拡張され、新しい技術を開発できれば、一気に企業価値が上がります。

そこで、5G通信に関連した国内の株式を紹介します。

もし、この中の企業から日本政府が設立するポスト5G通信への投資基金先に選ばれれば、企業価値が上がる可能性は十分に考えられます。

アンリツ

5G通信関連ではメジャーと呼べる企業です。

携帯・基地局向けの計測機器大手で、5G通信網拡大に大きく関わっています。

企業成績が非常に好調で、僅か3年で株価が500円台から2000円台に上昇。

一時期、1700円台まで下落しましたが、11月に5G関連株式として注目されると買いがましており、更なる上昇が期待できます。

ソーバル

1983年に設立されたソーバルは、家電製品へのAIの導入やAI部門を拡張したい企業への技術者派遣を主にしている企業です。

そのため、業務実績や主要取引が非常に多く、従業員数も800名を越えております。

現在はAIやIOT分野に強い企業として注目されている有望企業で、人材を確保し続けるのが難しい技術者派遣よりも、受託開発に力を入れたいと社長自らが経営方針を語っています。

5G通信に対する大きな実績や業績はまだありませんが、意欲的に参加したいという意志はあり、期待感からか2019年に入り株価が400円ほどアップしております。

岡本硝子

精密機器メーカーとして50年以上続く岡本硝子も5G通信に意欲的です。

会社発表によれば、太陽電池パネル向けに出荷しているガラス基板を5Gスマートフォンの内部に使う基板として開発しているとのこと。

もし実現すれば、5Gスマートフォン用の基板ガラスとして業績に大きく貢献する可能性があります。

ここ数年は株価が200円台を行ったり来たりしていましたが、実現すれば大きく株価を上げるかもしれません。

まとめ

以上が、日本政府が巻き返しを狙うポスト5Gに関する解説になります。

2020年は5G通信が国内でスタートし、新しい市場の登場で競争が激しくなると予想されます。

そのため、5G関連に投資をする時は、損失を出しても大丈夫な余剰資金の範囲で行いましょう。


フリーレポート配信

長期的に成長を継続させる米国株について、投資家として知っておきたい情報を最新レポートとしてまとめています。「【2020年版】米国成長株6選。EC化・デジタル化の波に乗れ! 」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事の作者、野田幹太は記事内で言及されている銘柄を保有してはいません。記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事