MENU

若い人材の獲得方法

モトリーフール米国本社、2018年10月1日投稿記事より

ミレニアル(1980〜2000年代前半に生まれた)世代は、働き手として大きな人数を占めており、会社の成長には欠かせない存在でしょう。

なるほど、ミレニアル世代は、無料のスナック、飲み物や気前の良い休暇規程などを望んでいると考えられます。しかしながら、若い才能の獲得には、柔軟な勤務体系の策定に取り組む必要もあることでしょう。なぜなら、ミレニアル世代の70%が、柔軟な勤務体系がないとの理由で、仕事を辞めるか、また、辞めることを検討しているからです。さらに78%ものミレニアル世代は、柔軟な勤務体系を希望しているようです。

もちろん、柔軟性のある勤務を提供することはリスクも伴います。しかし、同時に大きな利益を得ることも可能になりましょう。

柔軟な勤務体系の導入によるメリット

緊急事態が起きた時、従業員に遅くまで残業をしてもらいたいものです。

そこで、柔軟な勤務体系を導入しましょう。従業員はその勤務体系に感謝し、仕事に熱中することでしょう。さらに、仕事の生産性も改善できるでしょう。人は生まれつき朝型であり、または夜型です。最も実力を出せる時間に労働することで、よりよいアウトプットが得られることでしょう。つまり、柔軟な勤務体系は新人を獲得でき、既存の従業員を維持するという意味でも有効な方法です。

現在の労働者は、昔に比べて柔軟性に価値を置いているようです。柔軟性がカギです。そのトレンドに則してみてはいかがでしょうか?


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事