The Motley Fool

保有銘柄の株価がすぐに2倍になった場合、売却すべきか?

モトリーフール米国本社、20191018日投稿記事より

たとえば、1月に購入した銘柄が120%も上昇している場合、利益を確定するためにそれを売却すべきでしょうか?

一般に、「利益を確定する」ためだけに株を売るのは悪い考えです。

筆者の場合、デジタル決済のスクエア株を購入価格の2倍になった後に売却していたら、その後の180%の株価上昇を逃していました。

一方で、利益のために株を売却するには、いくつかの正当な理由があります。

たとえば、株価が不当に高いと思う場合、または会社の成長が著しく減速し始めている場合は、売却するのが適切かもしれません。

もし、生活費等で資金が必要な場合には、売却するのも判断です。

しかし、単に購入時よりも上昇した、という理由だけで有望な企業の株を売るべきではないでしょう。

また、売却にかかる税金も考慮する必要があるでしょう。

なお、筆者は「売らないように」と言っているのではありません。

単に株価が上昇しただけを理由に、売るべきではないと言っているだけです。


フリーレポート配信

長期的に成長を継続させる米国株について、投資家として知っておきたい情報を最新レポートとしてまとめています。「【2020年版】米国成長株6選。EC化・デジタル化の波に乗れ! 」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。元記事の筆者Matthew Frankel, CFPは、スクエア株を保有しています。モトリーフール米国本社は、スクエア株を保有し、そして推奨しています。モトリーフール米国本社は、スクエア株に関するオプションを保有しています(2020年1月の70ドルのショート・プット)。

最新記事