The Motley Fool

著名投資家が買っている米国銘柄3選

モトリーフール米国本社、2019年11月21日投稿記事より

著名投資家の投資行動を参考にすることで、一般投資家も長期的にポートフォリオを成長させられる可能性があります。

現在、そういった投資家が買っているのは、ブルックフィールド・アセットマネジメント(NYSE:BAM)、アクティビジョン・ブリザード(NASDAQ:ATVI)、およびエヌビディア(NASDAQ:NVDA)です。

ブルックフィールド・アセットマネジメント

アクレ・キャピタル・マネジメントの会長兼CIO(最高投資責任者)のチャック・アクレの動向は、ミューチュアル・ファンド業界で注目を集めています。

彼は過去22年間、質の高い成長株に投資することで、市場平均リターンを上回ってきました。

アクレは、平均以上のROE(自己資本利益率)を維持し、株主重視の経営を行い、多くのフリーキャッシュフローを生み出す企業を探してきました。

アクレがファンドのポートフォリオに新たに追加したのは、ブルックフィールド・アセットマネジメント(以下「ブルックフィールド」)です。

アクレ・キャピタル・マネジメントが証券取引委員会(SEC)へ提出した最新の13F報告によれば、同社は、第3四半期にブルックフィールドを530万株購入しました。

ブルックフィールドは、アクレが探している会社のタイプでしょう。

同社は、世界最大の各種資産運用会社の1つで、5,000億ドルを超える運用資産を保有しています。

過去5年間、運用資産額と株主への分配可能な現金は年率23%増加しています。そしてトータルリターンは過去5年間で90%超となっています。

これらの好業績が意味することは、ブルックフィールドの経営陣が不動産、エネルギー、プライベートエクイティ、インフラストラクチャーなどの実物資産の価値を見出す能力が非常に高いことを示しています。

アクティビジョン・ブリザード

有名なヘッジファンドマネージャーの数名が、直近四半期にゲームソフト大手のアクティビジョン・ブリザード(以下「アクティビジョン」)の株を買い始めました。

株価は、予想を大きく下回る業績発表後、2018年秋に急落していました。

第3四半期には、ローンパイン・キャピタル、マーケルのトーマス・ゲイナー、およびマーベリック・キャピタルのリー・エインズリーがアクティビジョンの株を購入しました。

同社は直近四半期決算で改善の兆しを見せ始めており、株価は8月以降上昇しています。

今年の初め、アクティビジョンは、「ワールド・オブ・ウォークラフト」、「オーバーウォッチ」、「コール・オブ・デューティー」などの人気ゲームへの投資加速を発表しました。

これらは奏功しつつあり、第3四半期決算は増収増益でした。

同社は、2020年にさらなる増収増益を実現できる見込みとコメントしています。

業界調査会社のNewzooによると、ビデオゲーム業界は2022年まで年間約9%成長して市場規模は1960億ドルに達すると予想されています。

アクティビジョンもその波に乗れるでしょう。

同社は、業界で最も人気のあるゲームソフトのいくつかを所有しています。

また、18億ドルのフリーキャッシュフローを創出しており、新しい知的財産権やeスポーツなどの他の成長機会に再投資しています。

エヌビディア

エヌビディアは、ゲーム用グラフィックチップ(GPU)の大手サプライヤーです。

同社はその専門技術により、データセンター、自動運転車、および人工知能(AI)など様々な分野において、GPUのニーズを利益に結び付けています。

第3四半期に、マーベリック・キャピタルのデイビッド・ロルフとウェッジウッド・パートナーズがエヌビディアの株を購入しました。

同社株は、過去5年間で900%以上上昇しています。これには、同社の主要収益源のゲームおよびデータセンターセグメントの一時的な減速による昨年の急落が含まれます。

しかし、アナリストは、これらのセグメントでの同社のGPUに対する需要は徐々に回復していると見ています。

実際、直近四半期決算でも2セグメントの業績は堅調で、特にデータセンター事業はAI需要の恩恵を受けています。

株価も第2四半期末から23%上昇しています。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

米国の景気後退(リセッション)に備えて、投資家として知っておきたい情報を最新レポートとしてまとめています。「リセッション(景気後退)に強いインフラ銘柄・食品銘柄7選」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。元記事の筆者John Ballardはアクティビジョン・ブリザード株、ブルックフィールド・アセットマネジメント株、エヌビディア株を保有しています。モトリーフール米国本社は、アクティビジョン・ブリザード株、ブルックフィールド・アセットマネジメント株、マーケル株、エヌビディア株を保有し、そして推奨しています。

最新記事