The Motley Fool

民主党候補が米大統領に選ばれた場合のマーケットへの影響は?

モトリーフール米国本社、2019118日投稿記事より

トランプ大統領が就任して以来、株式市場は約50%上昇しています。

2020年の大統領選で民主党が勝利した場合、特に左派候補が当選した場合には、マーケットが大きく下落する可能性が指摘されています。

大統領選の結果とその市場への影響を推測するには、時期尚早でしょう。

現在の大統領候補者の間には大きな違いがあり、また民主、共和両党の内部でさえ意見の違いがあります。

さらに、仮に左派のエリザベス・ウォーレン候補が選ばれた場合、共和党が支配する議会に直面することになり、不確実性が増します。

なお、前回の大統領選の時、多くの専門家が「トランプが選出されれば、市場は急落する」と予想していたことを思い出してください。

とはいえ、民主党の大統領は、少なくとも当初は株式市場にとって、全般的にネガティブな影響をもたらす可能性があります。

株式市場が過去数年間で非常に好調だった主な理由のいくつかは、トランプ大統領による法人税引き下げと規制緩和であり、民主党候補の多くはこれらを変更したいと示唆しています。

特に民主党が上院の支配権を取り戻した場合、一部の産業は特に打撃を受ける可能性があります。

数人の候補者がフェイスブックのような大規模なハイテク企業の解体に言及しており、全候補者が医療業界に料金引き下げなどの圧力をかける計画を持っています。

さらに、金融機関や石油・ガス会社への規制は、現在よりもはるかに厳しくなるでしょう。

しかし、民主党大統領の下で非常にうまくいく可能性のある株がいくつかあります。

たとえば、代替エネルギー分野は民主党政権下で脚光を浴びる可能性があります。

この分野への数十億ドル以上の投資を打ち出しているため、インフラストラクチャー銘柄には追い風となるとみられます。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

長期間に渡り高めの配当を維持したり、増配している米国株について、投資家として知っておきたい情報を最新レポートとしてまとめています。「2020年にむけて注目したい米国配当株・REIT6選」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。Randi Zuckerbergは、フェイスブックのマーケティング開発部の元ディレクターおよび元スポークスウーマンであり、マーク・ザッカーバーグCEOの姉です。Randiはモトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Matthew Frankel, CFPは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、フェイスブック株を保有し、そして推奨しています。

最新記事