The Motley Fool

手っ取り早く稼ごうとすると、逆に損をしがち。

モトリーフール・香港支局、2018年11月20日投稿記事より

株式市場でいかに手っ取り早くお金を稼ぐことができることが話題に上ることがあります。投資家の中には明日の株価を予測したり、わずかな投資で1億円儲けるための方法を解説している人もいます。これらに続けとばかりマネしようとして、オプションや新株予約権証券の取引を行う人もいます。市場の潮目が変わると、こういった群がる人たちの中には大損する方が出てきます。

手っ取り早く稼ぐということは、自信を持った人にとって、やれると思いがちです。彼らは市場を予測したり、特定の出来事が起こる確率をあてれると信じ、他の投資家の大部分を打ち負かして、株式市場の勝者になることができると考えています。

裕福になりたいと考えることは人間の性です。しかし、その目標を達成するために努力する過程の方がずっと重要でしょう。1億円の宝くじが当たっても、その後破産する例はたくさんあります。富を蓄え、維持するためにはお金を管理する方法を学ぶ必要があり、素早くお金持ちになった人にとっては、それを学ぶことがなかなか難しくなってきます。

したがって、保守的な投資を地道に行うことが肝要だと考えています。有名なファンドマネージャーのデイビット・スウェンセンは「不動産の秘訣は、ロケーション。ファンドの成功の秘訣は、保守性。」と述べています。資産を維持する方法を学ばなければ、最終的には手に入れた富があっという間にか消えていることに気づくでしょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事