The Motley Fool

元IFAが解説するオフショアファンド(オフショア生保商品)の世界と投資のメリット・デメリット~その⑥

最後の記事として、オフショアファンド購入までの流れとサポートしてくれるIFAについての注意点についてお伝えしていきます。

購入を検討している方は是非参考にしてみてください。

元IFAが解説するオフショアファンド(オフショア生保商品)の世界と投資のメリット・デメリット~その①

元IFAが解説するオフショアファンド(オフショア生保商品)の世界と投資のメリット・デメリット〜その②

元IFAが解説するオフショアファンド(オフショア生保商品)の世界と投資のメリット・デメリット~その③

元IFAが解説するオフショアファンド(オフショア生保商品)の世界と投資のメリット・デメリット~その④

元IFAが解説するオフショアファンド(オフショア生保商品)の世界と投資のメリット・デメリット~その⑤

オフショアファンド購入の流れとIFAの注意点とは?

オフショアファンドの購入の流れやIFAの注意点について簡単にご紹介します。

購入方法~アカウント開設から実際のポートフォリオ構築までの流れ

オフショアファンドですが、契約は主にIFAを通じてオフショア生保会社やプロバイダーと投資家が直接契約を結びます。

投資プランも商品購入も全て直接保険会社やプロバイダー経由で行い、IFAに直接送金することはありません。

契約はIFAの事務所内でおこなうのが一般的です。IFAの指示通りに契約書に記入し、同時に投資経験の有無やリスク許容度についてディスカッションします。

リスク許容度については簡単なテストがおこなわれる場合もあります。

本人確認書類やFATCAなどの書類の提出もおこなえば完了します。

契約日からおよそ10日から2週間ほどで問題がなければ自分専用のアカウントが開設されます。

そのアカウントに指定口座に資金を送金などによって移動させます。

積立型の場合は主にクレジットカードからの引き落としが始まります。

資金がアカウント内に入金されたら、IFAとともに決めたポートフォリオにより商品をプラットフォーム内で購入します。

購入方法はIFAが代理でオフショア生保会社やプロバイダーのサポートチームにオーダーしておこないます。

売却や追加購入などの同じようにおこなっていきます。

満期時や一部ファンドの解約などもIFAが顧客の依頼に基づいて代理でオフショア生保会社やプロバイダーに連絡してくれます。

指定口座に入金されるまでの日数は対象商品によって大きくことなります。

日本国内で勧誘活動を続けるIFAには要注意!!

日本の金融庁に登録していない海外のIFAの中には日本国内に出向き、内緒でオフショアファンドの勧誘や斡旋をおこなっている人がいます。

こういった勧誘や斡旋は違法行為にあたります。

また、既にお伝えしたようにネット上ではブログなどを通じてオフショアファンド購入やIFAを紹介するといった記事を出して、キックバックをもらっている人が相当数います。

その人が日本国内居住者ではなかったとしても、これらの行為については慎むべき行為です。

こういった人達はブログ上でさも親切に相談に乗ったり、中には「私がお世話になっている信頼できるIFAを紹介するので大丈夫」ということでIFAをキックバック目当てに紹介したりしています。

さらに悪質になると日本国内でセミナーや相談会と称して相談者をIFAに紹介してキックバックをもらう人がいます。

このような形で紹介されたIFAに運用全般を任せていいのかは本人の判断にお任せしますが、あまりおススメできるものではありません。

というのもパフォーマンスが良くて頼りになるIFAならそのようなやましい方法ではなく、自然と口コミで顧客を開拓していきます。

よってやはりこういった誘いに乗るのは得策とはいえないのではないでしょうか。


フリーレポート配信

長期間に渡り高めの配当を維持したり、増配している米国株について、投資家として知っておきたい情報を最新レポートとしてまとめています。「2020年にむけて注目したい米国配当株・REIT6選」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事