The Motley Fool

【米国株動向】ウーバーの株価急落、投資家は黒字化見通しを懸念

モトリーフール米国本社、2019年11月5日投稿記事より

ライドシェアリング(配車サービス)大手のウーバー・テクノロジーズ(NYSE:UBER)の株価は、5日に約9%急落し、過去最安値を更新しました。

前日夕方に発表された第3四半期(7~9月)決算は、アナリストのコンセンサス予想を上回りましたが、投資家は同社の黒字化見通しに関して懸念しています。

(訳注:IPO(新規株式公開)後のロックアップ期間が6日に解除となったため、株価はさらに約4%下落し、再び過去最安値を更新しました。なお、筆頭株主のソフトバンクグループは、保有しているウーバー株の下落に伴い多額の評価損計上を6日に発表しました。)

第3四半期の売上高は38億ドル(約4100億円)で、アナリスト予想の37億ドルを上回りました。

純損失は12億ドル、1株当たりの赤字は0.68ドルでしたが、アナリスト予想の0.81ドルの赤字よりは良い結果となりました。

グロスブッキング(総予約額)は前年同期比29%増の165億ドルに達し、月間アクティブユーザー数は1億300万人となっています。

CEOのダラ・コスロシャヒは、ライドシェアリング事業の収益性が改善し、出前サービス「ウーバー・イーツ」の売上も伸びていると述べました。

今後の見通し

ウーバー経営陣は、2021年に調整後EBITDA(支払い利息・税金・償却控除前利益)ベースでの黒字転換という野心的な目標を打ち出しました。

しかし、黒字化への戦略の詳細は明らかにしていません。なお、経営陣は2019年通期の調整後EBITDAを28億~29億ドルの赤字と予想しており、これは従来の予想より2億5000万ドル改善しています。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

成長著しいテクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報を無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。元記事の筆者Evan Niu, CFAは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、ウーバー・テクノロジーズ株を推奨しています。

最新記事