MENU

投資における雪だるま効果

モトリーフール・香港支局、2018年11月13日投稿記事より

伝説の投資家ウォーレン・バフェットには「人生は雪だるまのようです。必要なのは湿った雪と大きな山のみです。」という有名な引用があります。

投資では、複利を利用して小さい投資額からどんどん大きい額になっていくという雪だるま効果がみられます。小額の利益であったとしてもそれを再投資にまわすことによって、時間の経過とともにお金が成長します。1ドルを様々な利益率で5年、10年、20年で再投資した場合、どうなるのでしょうか?

利益率 1% 3% 10% 15% 20%
5 1.05 1.16 1.61 2.01 2.49
10 1.10 1.34 2.59 4.05 6.19
20 1.22 1.81 6.73 16.37 38.34

このグラフは、投資から得た利益を現金化するより再投資した方がいいことを示しています。現金化することで短期的に少額のお金を手に入れることができますが、長期的な利益を考えると大金を失ってしまうということになります。

上記の表は、投資を成功させるための鍵を示しています。20%の利益率で5年間保持し続けたとしても、あまり魅力的な利益になりません。しかし、たった5年で投資が魅力的であるかどうか判断するには期間が短すぎます。20年で得ることができるこの素晴らしい利益こそ、投資で長期的な見通しを持つことの重要性を表しています。

投資を長期で行えば行うほど、短期的な利益(2017年の強気市場)や損失(2008年の金融危機)の影響を受けにくくなります。これらの出来事が起きている最中は大ごとに感じますが、時間が経つにつれて投資生活の単なる通過点と感じるようになります。

投資はとてもシンプルなものです。できるだけ低価格で良い株式を購入し、最高の価格でそれを売却するというものです。数か月という短期間でなく、何十年も複利を活用して投資を続けることでこの目標が達成しやすくなるでしょう。

山が大きくて険しく、湿った雪があるところを見つけてください。その山頂で小さな雪だるまを作って、斜面を転がっていくようにします。そこからあなたの初期投資がどれくらい大きくなっていくのか見守っていてください。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事