The Motley Fool

今注目されるAR(仮想現実)関連株3選:マイクロソフト、クアルコム、アップル

モトリーフール米国本社、2019721日投稿記事より

視覚的な現実を人工的に拡張するAR(拡張現実)技術が本格的に活用されるようになりました。

調査会社グローバル・マーケット・インサイツによると、AR市場の市場規模は2024年までに500億ドル(約5兆4000億円)を超え、この間に年率65%の成長を遂げると予想されています。

ARを重視している銘柄として、マイクロソフト(NASDAQ:MSFT)、クアルコム(NASDAQ:QCOM)、アップル(NASDAQ:AAPL)を紹介します。

マイクロソフト

時価総額が1兆ドルを超えたマイクロソフトを買うもう一つの理由を必要とするなら、そのリストにARを加えるとよいでしょう。

同社のホロレンズ・デバイス(ヘッドマウント型コンピューター)は、ARのために開発されたアプリケーションのマーケットリーダーです。

マイクロソフトは、これまでビジネスアプリケーションに重点を置いてきました。

これが、消費者向けモバイルデバイスの提供を妨げていました。

しかし今は、消費者向けデバイスおよびビジネスアプリケーションのシームレスな連携を可能にしようとしており、AR機器の活用も進めています。

ARはまた、高度な計算機能およびストレージ機能が必要となるため、Azureクラウドのニーズを高めるでしょう

クアルコム

ARを適切に使用するには、ARデバイス間の膨大なデータ量のやりとり、高速計算能力とリアルタイム処理、それらを支えるバッテリー消費効率改善プログラム、の3つが必要です。

チップメーカーであるクアルコムは、これら3つの分野でリーダーであり、現在AR市場で拡大の機会を伺っています。

クアルコムのスナップドラゴンXR1チップは、AR市場向けに設計されたもので、今後もバージョンアップされます。

ARが数十億ドル規模の市場になるまでに、クアルコムは早い段階で他社をリードするとみられます。

なお、クアルコムは独占禁止法等に過去抵触してきました。

そうした規制リスクを避けたいのであれば、同社への投資はやめた方がよいかもしれません。

しかし同社株は、現在PER15倍程度と順当な水準で取引されており、投資に値するとの見方があります。

アップル

最近、アップルがARメガネの開発を断念したという情報がネット上に流れました。

しかし、そのような憶測にもかかわらず、同社はAR関連機器の拡大に注力していると思われます。

たとえば、アップルはiPhoneとiPadがAR関連ツールであることを強調しています。

同社はウェブサイト上に独自のARセクションを構築し、ARをどのようにデバイスで使うのかについて宣伝しています。

それは、家具購入前にユーザーが自宅で家具の配置を見る方法、ARを使用して産業機器を視覚化する方法、学校がARを教育で活用する方法、そしてもちろんARがゲームをよりインタラクティブにする方法などです。

ARへのコミットメントを示すために、同社は6月の開発者会議でARを強調し、最新AR製品について説明しました。

アップルを通じてAR関連投資に注目することは賢明かもしれません。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

成長著しいテクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報を無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

マイクロソフトの子会社LinkedInの従業員であるTeresa Kerstenは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事でマイクロソフト担当筆者のJamal Carnettee, CFAは、アップル株とゼネラル・エレクトリック株を保有しています。モトリーフール社は、アップル株とマイクロソフト株を保有し、そして推奨しています。モトリーフール社は、クアルコム株を保有しています。モトリーフール社は、以下のオプションを保有しています(マイクロソフト株の2021年1月の85ドルのロング・コール、アップル株の2020年1月の155ドルのショート・コール、アップル株の2020年1月の150ドルのロング・コール、アップル株の2020年1月の155ドルのショート・コール、アップル株の2020年1月の150ドルのロング・コール)。

最新記事