The Motley Fool

【米国株動向】コンステレーション・ブランズ決算:大麻関連投資が不調

モトリーフール米国本社、2019年10月7日投稿記事より

アルコール飲料メーカーのコンステレーション・ブランズ(NYSE:STZ)が3日に発表した第2四半期(6~8月)決算によれば、主力のビール事業は堅調でしたが、約40%出資しているカナダの大麻企業キャノピー・グロース(NYSE:CGC)およびワイン・スピリッツ部門が不調でした。

決算発表を受け、株価は低迷を続けています。

第2四半期決算の概要

第2四半期の売上高は前年同期比2%増の23億4000万ドル(約2500億円)でした。

キャノピー・グロース関連の株式損失が響き、純損失5億2520万ドルを計上しました。

なお、比較可能な調整後の1株当たり利益は前年同期比5%減の2.72ドルでした。

売上高、調整後1株当たり利益ともにアナリストのコンセンサス予想並みでした。

ビールセグメントの売上高は前年同期比7.4%増の16億4000万ドル、営業利益は8.7%増の6億8530万ドルと好調でした。

米国で、コロナおよびモデロなどの高級ビールの売上が伸びています。

一方、ワイン・スピリッツセグメントの売上高は8.9%減の7億360万ドル、営業利益は20.4%減の1億6040万ドルでした。

同セグメントの出荷量が10%減と大幅な減少となっていますが、これは、30ブランドの売却の影響を受けています。

なお、ブランド売却手続きは年内に終了予定です。

今後の見通し

2020年度通期ガイダンスでは、調整後1株当たり利益9.00~9.20ドルを見込んでおり、2019年度の9.28ドルから若干の低下となります。

ビール売上は7~9%増、ワイン・スピリッツ売上は15~20%減を予想しています。

ビール事業を主体とした長期見通しは有望ですが、短期的にはキャノピー・グロースの動向に大きく左右される可能性があります。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者David Butlerは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、コンステレーション・ブランズ株を推奨しています。

最新記事