The Motley Fool

注目すべき米配当株:ブルックフィールドとCVSヘルス

モトリーフール米国本社、2019715日投稿記事より

債券利回りが極めて低く、FRB(米連邦準備制度理事会)による利下げも行われた中、配当株の需要が高まっています。

堅実な高配当銘柄を長期保有することが、株式市場の恩恵を享受する方法の一つです。

しかし、S&P 500インデックスが過去最高値を記録しつつある中、配当利回りは縮小しています。

そのような中、注目される配当株としてブルックフィールド・インフラストラクチャー・パートナーズ(NYSE:BIP)、CVSヘルス(NYSE:CVS)を紹介します。

ブルックフィールド・インフラストラクチャー・パートナーズ

筆者も含め多くの人々が、配当株投資家であればブルックフィールド・インフラストラクチャー・パートナーズの保有を検討すべき、と考えています。

なお、ブルックフィールド・インフラストラクチャーは、マスターリミテッドパートナーシップ(MLP、共同投資事業形態の一つ)です。

ブルックフィールド・インフラストラクチャーは、優れた資産運用組織であるブルックフィールド・アセット・マネジメントのビジネスファミリーの1つです。

ブルックフィールド・インフラストラクチャーは、株式公開以来、インフラ資産への慎重な投資を行ってきており、投資家に多大な利益をもたらしています。

株式公開後、同社は500%以上のトータルリターンを達成し、S&P 500を大きく上回りました。

ブルックフィールド・インフラストラクチャー・パートナーズの株価(青)、トータルリターン(オレンジ)、S&P500インデックスのトータルリターン(赤)の推移(単位:%)

出典:YCHARTS。2019年7月11日時点

さらに、同社は過去10年間で株価が231%上昇していますが、年率2桁台で増配しているので、配当利回りは4.6%前後となっています。

これまでの堅調な実績だけでなく、ブルックフィールド・インフラストラクチャーの今後の見通しも同様に明るいとみられます。

世界で中間層が急成長しており、水、エネルギー、輸送、および電気通信インフラなどのニーズが拡大しているため、何兆ドルもの投資が必要になります。

これは同社の最も得意とする分野であり、インフラ資産の運用会社としての実績を考えると、今後数十年にわたる成長が予想されます。

また、ブルックフィールド・インフラストラクチャーは、ディフェンシブ株という部類においても最高の資質を持っています。

そのインフラ資産が提供するサービスは、あらゆる経済環境において必要だからです。

同社株は、成長、配当、およびディフェンシブの側面を兼ね備えるという驚くべき組み合わせになります。

配当投資家は、ポートフォリオにブルックフィールド・インフラストラクチャーの追加を検討すべきでしょう。

CVSヘルス

ドラッグストアチェーン大手CVS ヘルスの株価は、年初来で乱高下しています。

通期見通しの下方修正を発表し、また、昨年の医療保険大手エトナ買収による相乗効果は当初予想よりも実現に時間がかかる、と発表しました。

これらにより、同社の株価は一時大きく落ち込みました。

しかし、これらは短期的な懸念であり、同社の長期的な見通しは明るいことに投資家は注目すべきです。

CVSのようなドラッグストアチェーンは、通常、薄い利幅でビジネスを行っています。しかし、エトナを買収することで処方薬顧客の取り込みが見込め、CVSの成長が加速し、2019年には3億ドルから3億5000万ドルのコストシナジーがもたらされると予想されています。

さらに2020年には、8億ドルのシナジー効果があると予想されています。

また、ベビーブーマー世代が高齢化するにつれ、医薬品売上高は増加すると予測されており、CVSにとって追い風となるでしょう。

今は成長が鈍いかもしれませんが、CVSは6月のアナリスト向けミーティングで、1株当たり利益に関して2021年に1桁台半ば、2022年とその後数年間は2桁台後半の成長を予想していると発表しました。

そのため、予想PER(株価収益率)8倍程度の株価は割安とみられ、3.6%前後の配当利回りは魅力的と考えられます。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事のブルックフィールド・インフラストラクチャー・パートナーズ担当筆者のJason Hallは、アマゾン株、ブルックフィールド・インフラストラクチャー・パートナーズ株、コストコ・ホールセール株を保有しています。コストコ・ホールセール担当のJeremy Bowmanは、アマゾン株とCVSヘルス株を保有しています。CVSヘルス担当のSean Williamsは、CVSヘルス株を保有しています。モトリーフール社は、アマゾン株、ブルックフィールド・アセット・マネジメント株を保有し、そして推奨しています。モトリーフール社は、ブルックフィールド・インフラストラクチャー・パートナーズ株、コストコ・ホールセール株、CVSヘルス株を推奨しています。

最新記事