The Motley Fool

米国株で円貨決済と外貨決済ではどちらがおすすめ?

米国株をはじめたばかりの人が戸惑うのが円貨決済と外貨決済の違いです。

日本株投資ならば日本円だけで取引が完結できるため気にする必要はありません。

しかし米国株に限らず外国株を取引する際には、円貨決済・外貨決済のどちらを選ぶかで取引にかかるコストが大きく変わってきます。

外国株取引をする際には、取引手数料だけでなく円貨決済・外貨決済のメリット・デメリットを正しく知り、自分が納得できる決済方法を選びましょう。

手間を省く円貨決済。コストを省く外貨決済

  • 円貨決済:手間を省く
  • 外貨決済:コストを省く(ただし両替するタイミングに注意)

結論から言えば外貨調達の手間をかけずに日本円でそのまま外国株を買うなら円貨決済を選び、取引手数料にかかるコストを抑えたいなら外貨決済を選ぶのが一般的です。

しかし、証券会社によっては外貨決済しか選べないところもあれば、円貨決済のみに対応しているところなどもあるため、事前に円貨決済・外貨決済に対応しているのかどうかを確認する必要があります。

例えば最高取引手数料が安いサクソバンク証券は、現状円貨決済のみにしか対応していないなど、証券会社によって選べる決済方法に違いがあるからです。

米国株投資の円貨決済と外貨決済の違い

米国株投資の円貨決済と外貨決済の違いを簡単に説明します。

日本円でそのまま注文できるのが円貨決済で、自分で米ドルを用意して米ドルで注文するのが外貨決済です。

円貨決済

円貨決済は、外国株購入の際に証券会社の指定レートで外貨を自動的に売買する決済方法です。

自分で外貨を調達せず、手元にある日本円で米国株を買えるため外貨決済よりも手間がかかりません。

しかし「証券会社の指定レート」で両替するというのが、円貨決済で気をつけなければいけないポイントです。

一般的に証券会社の指定レートは外貨決済の指定レートよりも高めに設定されています。

または、自分で安く外貨を調達すれば円貨決済の指定為替レートよりも小さな為替手数料を実現することが可能です。

また取引の度に為替手数料が発生してしまう点も手数料がかさむ理由になります。

外貨決済

外貨決済は、米国株ならば米ドルを口座内に用意し米ドルのままで取引する決済方法です。

外貨のまま買いつけ口座に米ドルを保有しておけば、取引のたびに為替手数料が発生しません。

また自分で安く外貨調達する方法を選べば、円貨決済の際に使われる為替レートよりも安く外貨を調達できるため、取引コストの削減につなげることもできます。

外貨決済用の外貨調達の3つの方法

証券会社の中で外貨を両替・調達しても基本的に25銭程度なので、基本的には証券会社の中で外貨を両替してしまうのが楽です。

ただし他にもさらに安く調達する方法もあります。

一般的な日本の銀行の外貨預金などは、為替スプレッドが大きかったり外貨のまま送金をすることができない等の制約があるところも大きいため、外国株取引用の外貨調達の手段としてはあまりおすすめできません。

日本の住信SBIの外貨両替はスプレッドが4銭

日本の住信SBIネット銀行の外貨両替スプレッドは通常時4銭です。

大手ネット証券の米ドルの為替取引手数料が1ドルあたり25銭なのに対して4銭ということになります。また積立購入なら2銭です。

SBI証券を利用すると住信SBIから無料で外貨振込もできるため、送金にかかる手数料も抑えることができます。

ちなみにマネックス証券に住信SBIで安い為替手数料で調達した米ドルを送金することもできますが、マネックス証券側で米ドル入金は最低10,000USD以上などの制約があるため、注意が必要です。

ただし、マネックス証券は2020年1月7日まで米ドル為替手数料が買い付け時0ドルのため、無理に住信SBIを利用するメリットはないでしょう。

Interactive Brokersはロットが大きいなら得(一律約200円)

Interactive Brokersの為替取引はインターバンク並みだと昔から評判です。

しかし外貨両替のためだけにInteractiveBrokersの口座を開設してしまうと口座維持費などもかかるため、もともと口座を持っている人向けなら検討しても良い方法です。

1ドルあたり0.00002USDの取引手数料がかかりますが、最低手数料が2USDのため約200円で大きな額でも外貨両替ができます。

FX会社のコンバージョン・両替を利用する

FX会社の中にはマネーパートナーズなどのように外貨両替のサービスをしているところもあります。

例えばマネーパートナーズなら外貨両替で1ドルあたり0.2円で両替可能です。

100通貨単位ならば現受けで0.1円での両替もできます。

ちなみにマネーパートナーズの外貨両替は海外旅行などでも、すごく便利なサービスになっています。

外貨調達で重要なのは円高の時にドル転すること

外貨両替のスプレッドは確実にかかる固定費になるため、小さい方が確実に取引手数料削減につながります。

しかし外貨調達で一番重要なのは調達するタイミングです。

できるだけ円高のときにまとめて両替することが外貨決済で得をするコツです。

確かに外貨決済の方が円貨決済よりも一般的には為替スプレッドを小さくできるため有利なのですが、外貨決済をするタイミングが円安に振れすぎているときは為替で大きく損をしてしまう可能性があります。

外貨調達は円高時にドル転をするのが重要です。

外国株を買う際に為替スプレッドは要注目

外国株取引では、米国株に限らず為替スプレッドが小さい調達方法で外貨を用意しないと実質的に負担するコストが重くなっていくため注意が必要です。

ちなみに米国株・香港株のような外国株でもメジャーな市場ならば、外貨は比較的低コスト調達しやすいのですが、ASEAN株などの比較的マイナーな市場の銘柄を買う場合は、外貨の調達コストが跳ね上がることも覚えておきましょう。

ベトナムドンやタイバーツなどの通貨で現地株を買う場合、両替にかかるコストが高くなる傾向があります。

特に円貨決済でマイナーな市場の外国株を買おうとすると取引手数料以外の為替手数料も高くなるため、同じようなパフォーマンスの銘柄を買えるなら、米国株の方がASEAN株よりも安い手数料で買えるため有利です。

まとめ

基本的には円貨決済は手間がかからない代わりに両替コストが高い、外貨決済は外貨調達の手間がかかる代わりに両替コストが安いと覚えておけば良いでしょう。

ただし外貨決済で一番大切なのは円高時にうまくドルを調達することです。

外国株を購入する際に外貨を調達するコストは無視できません。

円貨調達・外貨調達どちらもメリット・デメリットがあるため自分にあった方法で米国株投資を楽しみましょう。

フリーレポート配信

このレポートでは、eコマース、ヘルスケアテックやギグエコノミー等の長期的なメガトレンドにのれそうな米国株5銘柄を紹介します。

長期的なメガトレンドにのる米国株5銘柄紹介」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事