The Motley Fool

マリファナ株のバブル崩壊の今後は?

モトリーフール米国本社、2019725日投稿記事より

マリファナ株は、過去数年間、合法化に向けて業界が尽力してきたため、空前の人気となりました。

実際、一部のマリファナ株は、過去36ヶ月間で4倍以上になりました(記事執筆時点)。

しかし、マリファナ株の株価は、全般的に大きく低下しています。例えば、5月初め以来、カナダの主要マリファナ株は平均で28.8%下落しています。

個別に見た場合、クロノス・グループ(NASDAQ:CRON)は、同期間で10%未満しか下落していない唯一の大手マリファナ企業です。

対照的に、オンタリオ州に本拠を置くキャントラスト・ホールディングス(NYSE:CTST)は、過去3カ月間で74%も株価が下落するという最悪のパフォーマンスを記録しました。

このような業界全体の急落は、マリファナ株のバブル崩壊を示すのでしょうか。

もしそうなら、マリファナ株投資家はどのように行動すべきでしょうか。

2020年に急成長が見込まれるマリファナ株10銘柄

典型的なバブルの様相

マリファナ株は、株式市場バブルの典型的な特徴をすべて含んでいます。

市場アナリストと学者は、市場バブルは、新たなイノベーションおよび新興市場における急速な価格上昇とそれに続く急激な下落と定義しています。

すでに述べたように、大部分のマリファナ株は、マリファナの非犯罪化と流通の合法化で期待が高まり、非現実的な水準にまで株価が上昇しました。

そして、熱狂の最初の波が衰え、四半期ごとの決算発表の内容が重視されるようになり、株価は急速に高値から引き戻されました。

それが、現在起きているマリファナバブル崩壊の現実です。

しかし、バブル的な性質にもかかわらず、マリファナ株はまだ成長性の観点から明るい展望があります。

業界では現在、明確な業績発表を行うようになっており、投資家はそれを精査することで、適切な株を選択できます。

2つの重要な投資上の教訓

投資家が最初にしっかりと心に留めておきたいのは、現時点ではマリファナ株バブルが崩壊したことです。

結局のところ、マリファナの株価バブルは、業界の売上高が2030年までに2000億ドル~5000億ドルに達するであろう、という非現実的な予測のせいで大きく膨らみました。

しかし、最近の予測は、世界のマリファナ売上高は今後10年で最低500億ドルから2000億ドルの範囲内に収まるとみられています。

この保守的な予測でさえまだ巨大な市場規模ですが、キャノピー・グロース(NYSE:CGC)の元共同CEOブルース・リントンが1年前に予測した5000億ドルの数字と比較すれば、随分と控えめな数字となっています。

結論としては、マリファナ株のバブルの時代は急速に終わりを迎えたのです。

なお業界は、バブル崩壊後の次の段階に移行する準備ができているようです。

次には何が起きるでしょうか。合法的なマリファナ市場のシェアは、5年以内に、買収および倒産などにより少数の大企業によって独占されると予想されています。

おそらく、キャノピー・グロースはそのパートナーであるアルコール飲料大手のコンステレーション・ブランズに買収されるとみられています。

クロノスは、パートナーであるたばこ大手のアルトリア・グループの子会社になる可能性があります。

また、キャントラストのような生産能力が高いにもかかわらず動きの鈍い企業は、ライバルによって買収される可能性があります。

そういった動向が、2番目の重要な教訓となります。

バブル崩壊後の環境で注目すべきマリファナ株は、キャノピー、クロノス、そしてキャントラストのように魅力的な買収候補となっている企業になるでしょう。

結局のところ、合法マリファナ業界は明らかに、普通の業界への道を歩み始めています。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者George Budwellは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、キャントラスト・ホールディングス株、コントロール・ブランズ株を推奨しています。

最新記事