The Motley Fool

【米国株動向】アマゾン、多数の新製品でスマートホーム市場でのリード拡大へ

モトリーフール米国本社、2019925日投稿記事より

アマゾン・ドットコム(NASDAQ:AMZN)はこのほど、大規模イベントで数多くの新ハードウェア製品を発表しました。

AI(人工知能)搭載のスマートアシスタント「アレクサ」やスマートスピーカー「Echo(エコー)」の関連製品を多く揃えることで、同社はスマートホーム市場でのリードをさらに拡大しようとしています。

3世代Echo100ドル):主力スマートスピーカーEchoの最新版で、音質がさらに優れています。

Echo Studio200ドル):高音質ストリーミング配信のAmazon Music HD向けに設計されたハイエンドスマートスピーカーです。3Dオーディオと最新音響技術Dolby Atmosをサポートし、5つの指向性スピーカーと統合スマートホームハブを備えており、自宅で映画館のような迫力ある音響を楽しむことができます。

Echo Dot With Clock60ドル):コンパクトスマートスピーカーEcho Dotの現在の機能に加え、LEDディスプレイが組み込まれており、時間やその他の情報を表示できます。

Echo Show 8130ドル):大画面スクリーン付きスマートスピーカーEcho Showの5インチおよび10インチバージョンに加えて、8インチディスプレイを備えた3つ目のバージョンになります。

Echo Flex25ドル):コンセントに直接差し込む小型のスマートスピーカーで、主にアレクサのアクセスポイントとして機能します。オプションとしてモーションセンサーとナイトライトを14ドルで付加できます。

Echo Buds130ドル):ボーズのノイズキャンセリング技術を統合したワイヤレスイヤホンです。

Echo Frames180ドル):イヤホンとマイクが内蔵された黒いフレームのメガネで、ハンズフリーで操作できます。

Echo Loop130ドル):2本のマイクと触覚エンジンを備えたスマートリング(指輪)です。

3世代Eero99ドル、または3つセットで249ドル):デュアルバンド対応などを特徴とし、再設計されたWi-Fiメッシュルーターシステムです。なお、アマゾンは2月に製造元のEeroを買収しました。

Ring Retrofit Alarm Kit199ドル):スマートセキュリティカメラRingを、サードパーティのアラームシステムと連携させることができます。

Ring Stick Up Cam100ドル):屋外用のスマートセキュリティカメラです。

Ring Indoor Cam60ドル):屋内用の小型スマートセキュリティカメラです。

Amazon Smart Oven250ドル):Echo端末を通じて音声でコントロールできるオーブンです。

新しいハードウェアに加え、アマゾンは、有名人の声やバイリンガルサポートなど、他のソフトウェア機能やアレクサの機能を発表しました。

また、同社はAmazon Sidewalkと呼ばれる、WiFiやBluetoothよりも長距離でつながる新しいワイヤレスネットワークプロトコルの詳細にも言及しました。

アマゾンは、主要ライバルであるアップルやアルファベットの子会社であるグーグルに対抗し、ワイヤレスイヤホン、ハイエンドスピーカー、スマートディスプレイなどの多数の製品カテゴリーで類似製品価格を大幅に下回る値付けをしています。

なお、アレクサやEcho関連の新製品がどれほどアマゾンの収益に貢献するかは明確ではありません。

しかし、顧客体験を改善し、アマゾンのスマートホーム戦略拡大をサポートしていくことは確かでしょう。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。アルファベットのエグゼクティブであるSuzanne Freyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者 Evan Niu、CFAは、アップル株を保有しています。モトリーフール社は、アルファベット(A株)、アルファベット(C株)、アマゾン株、アップル株を保有し、そして推奨しています。モトリーフール社は、アップル株に関するオプションを保有しています(2020年1月の155ドルのショート・コール、2020年1月の150ドルのロング・コール)。

最新記事