The Motley Fool

【米国株動向】婚活サイト大手のマッチがデートアプリで動画配信開始

モトリーフール米国本社、2019923日投稿記事より

デートアプリや婚活サイトなどを世界展開しているマッチ・グループ(NASDAQ:MTCH)は、デートアプリ「ティンダー」で初の選択式ストリーミング(動画配信)ビデオシリーズを開始し、見知らぬ2人に会話のきっかけを提供しようと考えています。

ビデオシリーズは、4つのエピソードで構成される「スワイプ・ナイト」で、自分でストーリー展開を選択できるミニアドベンチャーです。

ユーザーは世界滅亡の状況下でキャラクターの行動を選択し、その結果がティンダーのプロフィールに表示されます。

そのため、マッチングの双方がビデオを見た後であれば、共通の話題を話すことができます。

「スワイプ・ナイト」のストーリー

「スワイプ・ナイト」は、モバイルデバイス向けに垂直表示で撮影され、内容はアプリやデート自体に関するものではなく、世界の終わりを生き延びようとする登場人物とその関係についてです。

ストーリー自体は5分間で、ユーザーはストーリーの展開選択を7秒で行う必要があります。

このビデオは、10月上旬から週に1話ずつ公開されます。

ティンダーのユーザー層にアピール

人と人とのつながりを促進するようなビデオストリーミングコンテンツを作成することは、主に25歳以下でビデオコンテンツに日常なじんでいるティンダーのユーザー層にアピールする上で重要です。

モバイルプラットフォームにおいて、ビデオストリーミングコンテンツ競争は激しくなっています。

ソーシャルメディアプラットフォームでも、フェイスブック・ウォッチ、インスタグラムのIGTV、スナップ・オリジナルズなどオリジナルビデオプログラミングを導入していいます。

マッチの成長継続へ

ストリーミングコンテンツ制作には多大な費用がかかりますが、マッチの今回のコンテンツ制作は実験的な意味合いもあり、500万ドル(約5億円)程度の投資に抑えています。

ティンダーはマッチの主要な成長ドライバーであり、マッチの前四半期の増収率18%および営業利益率15%のかなりの部分を占めています。

インタラクティブなコンテンツをアプリに導入し、収集された情報からカップルの親密感を高めることは、マッチの成長継続へのステップアップとなるでしょう。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

Randi Zuckerbergは、フェイスブックのマーケティング開発部の元ディレクターおよび元スポークスウーマンであり、マーク・ザッカーバーグCEOの姉です。Randiはモトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Rich Dupreyは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、アップル株、フェイスブック株、マッチ・グループ株、ディズニー株を保有し、推奨しています。モトリーフール社は、次のオプションを保有しています(ウォルト・ディズニー株の2021年1月の60ドルのロング・コールと2019年10月の125ドルのショート・コール、アップル株の2020年1月の150ドルのロング・コールと2020年1月の155ドルのショート・コール)。

最新記事