The Motley Fool

これから投資を始める方への基礎知識、MRF(マネー・リザーブ・ファンド)とは?

証券会社にお金を預けるのと銀行にお金を預けるのでは何が違うのか。保証はどうなっているのか。

有価証券を売買するにあたっては、MRF(証券口座)を開設した方が一般的にメリットがあると言われていますが、実際どういった仕組みでできているのかいまいちわかっていない方は非常に多いことと思います。

そこで、今回はMRFのメリット・デメリット、本当に開設した方がいいのかを解説していきたいと思います。

MRFとは?

MRF(マネー・リザーブ・ファンド)というのは、証券会社における証券口座のことであり、現金をプールしておくための入れ物のことを言います。

一応は投資信託となりますので、元本保証がされているわけではありませんが、原則として元本割れしないように極めて安全に運用されています。

過去に何度も急激な景気悪化などがありましたが、元本割れをしたことは一度もない商品となっています。

多くの証券会社では、口座を開設する際、MRFの取引口座も同時に開設することになります。

この場合、証券会社に入金すると自動的にMRFを買い付けすることになります。

買い付けされたMRFはすぐに現金化することができるようになっており、株式などを購入した場合はこのMRFの口座から自動的に引き落とされます。

逆に、株式を売却した場合などは、その後自動的にMRFの買い付けが行われ、MRF口座に入金されます。

MRFと定期預金の違い

MRFと定期預金の金利の違い

MRFは投資信託であり、その中身は国債や公社債で運用がなされています。

現在は、アベノミクスの一環として金利がゼロ誘導されているので、MRFには金利が付いていませんが、定期預金よりもMRFのほうがリスクが高い分、以前はMRFのほうが金利が高く設定されていました。

今後日本の金利の上昇局面時にはMRFの金利の上昇が予想されますので、将来的には定期預金よりも有利になる可能性があります。

信用リスク

銀行の預金は、銀行自体が破綻した場合には預金保険制度(ペイオフ)により1,000万円までしか保証されません。

それに対して、証券会社の場合、顧客の資産は分別管理されていますので、証券会社が破綻したとしても顧客の資産は全額保護されます。

中には、銀行にはペイオフ対象の1000万円までしか預けず、残りは証券会社に預ける方もいます。

振込手数料

銀行での入出金にかかる振込手数料は、どこに振り込むかでまちまちであり、一定金額がかかります。

しかし、証券会社の場合は、MRFを開設するとこの振込手数料は証券会社が全額負担してくれます。

投資信託の分配金や外国債券の利金等を銀行に自動送金指定する場合にはMRFの開設が必須となっています。

MRFにもデメリットやリスクは存在する?

価格変動リスク

MRFの位置づけは投資信託です。

今まで元金が割れたことが一度もないからといっても価格変動リスクは目論見書にもきちんと記載されています。

現在のMRFは金利が付いていない

上述の通り、現在のMRFには金利が付いていません。

今後どの段階で金利が上昇するか定かではないので、少しでも金利をつけたい方にとっては、定期預金や国債等を選択したほうがいいでしょう。

証券会社からの報告書での記載事項の注意点

年間取引報告書にて、その年の売買金額が実際にした取引以上に記載されている場合があります。

これは、何かを買う時にはMRFを一度売却し、保有商品を売却した時にはMRFを買い付けるという作業が自動的に行われ、そのMRFの売買履歴も計上されてしまうため売買金額が膨れ上がります。

このことを知らない方は非常に多いので、取引金額を見てビックリされるかもしれませんので、知っておいていただきたいポイントになります。

出金する際にはMRFを事前に売却しておかなければならない

店頭にてMRFから現金を出金する場合、午前中までにMRFを売却しなければなりません。

売却することを忘れ、店頭に出金に行っても一定金額までは引き出せますが、額が多すぎると出金することができない可能性があるので注意が必要です。

MRFはあくまでも証券会社にお金を置いておく場所

MRFはあくまでも現金をプールする入れ物であり、運用を検討するようなものではありません。

あくまでも証券会社にお金を預けるということは、資産運用が前提となっていると思いますので、MRFで利益を出そうと考えないほうがいいでしょう。

まとめ

MRFのメリット・デメリットについて述べてきましたが、総じて開設したほうがメリットが高いと言えます。

特に、株式を頻繁に売買される方は入出金頻度が多くなりますので振込手数料が安くなりますし、投資信託の分配金や外債の利金等を自動送金する際にもMRFの開設は必須となります。

投資信託だからリスクがあると思い込むのではく、その商品性をきちんと理解し、より良い選択に繋げましょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事