The Motley Fool

国民年金と国民年金基金の違いとは?加入した時のシミュレーションも解説

年金2000万円問題から老後の資産形成に関する注目度が高まっています。

特に現行の年金制度や、国民年金基金がどのような年金なのか知らない方も珍しくはありません。

そこで今回は、国民年金と国民年金基金の違いについて解説します。

国民年金と国民年金基金を両方とも支払っていた場合のシミュレーションもしますので、ぜひ最後までご覧ください。

国民年金とは

国民年金とは、日本の国民年金法によって規定されている公的年金の事を指します。

一般的に知られている年金は、一定の年齢に達したら支払って来た掛け金が戻ってくる老齢年金になりますが、他にも年金の種類はあります。

加入資格者

国民年金の加入者は日本国内に住む20歳以上60歳未満の全ての人になります。

職業や結婚しているかどうかで第1~第3保険者と区分が違いますが、納めるのが困難な方を除いて全員が支払います。

国民年金の種類

国民年金の支払いは一人一口ですが、貰える年金には複数の種類があります。順番に解説します。

老齢基礎年金

一般的に知られている65歳から支給される年金は、老齢基礎年金を指します。

20歳から60歳までの間、満額を支払っていた場合、65歳から年額779,300円が支給されます。

もし、未納期間があったり、満額支払いをしていなかった場合は、一定の割合で年額が減ってしまいます。

なお、60歳から65歳未満までの間に年金が支給されるように繰り上げ申請を行うことは可能です。

しかし、年金を65歳より前に支給されると、一定の割合で減額されてしまいます。

障がい基礎年金

病気や怪我が原因で障がいの状態と判定された場合、納付要件などを満たしていると支給される年金です。

1級障がいだと年額974,125円、2級障がいだと年額779,300円が支給され、障がい者に子供がいて養う義務がある場合は人数に応じて加算されます。

遺族基礎年金

納付要件を満たした人物が死亡し、その人によって生計を維持されていた「子のある妻/夫」、あるいは「18歳以下の子」に加算される年金です。

年額779,300円をベースに、子供の人数により加算されます。

付加年金

上記にあるように、自営業やフリーランスなどの第1号被保険者は毎月400円を支払うと、老齢年金支給時に付加年金が支給されます。

付加年金の額は200円×付加保険料納付月数となり、物価スライドはありません。

国民年金基金とは

国民年金基金とは、国民年金を納めている20歳以上60歳の第1号被保険者が加入できる年金になります。

つまり、自営業やフリーランスの方が、国民年金に上積みをする形で納める任意の年金になります。サラリーマンや専業主婦/主夫の方は加入できません。

サラリーマンは国民年金基金の他に企業年金や厚生年金を受け取れますが、自営業やフリーランスの方は受け取る事ができません。

サラリーマンとの差を無くすために平成3年より導入されたのが国民年金基金になります。

国民年金基金の特徴

国民年金基金は国民年金と幾つもの点で違います。主な特徴を紹介します。

加入資格

加入できるのは国民年金を納めている第1号被保険者のみとなっています。

国民年金を未納している方は加入ができません。つまり国民年金を免除されている方は加入できないので、注意しましょう。

また、国民年金を未納期間中に国民年金基金を納めていたとしても、その期間は納めたことにならず将来貰える年金に反映されません。

社会保険料控除の対象

自営業やフリーランスの方は、確定申告の際に所得に対して所得税や住民税を支払います。

しかし、国民年金基金の掛け金は社会保険料控除の対象になります。

簡単に言えば、国民年金基金に支払った掛け金分だけ所得を減らして、所得税や住民税の計算ができるのです。

地域型と職能型

国民年金基金は各都道府県に設立されている地域型国民年金基金と、3種類の職能型国民年金の2つがあります。

どちらも同じ事業内容、掛け金となっていますが、加入できるのはどちらか一方となっています。

ちなみに、職能型国民年金基金に指定される職業は、歯科医師・司法書士・弁護士となります。

加入は任意だが脱退は自由意志では不可能

国民年金基金は任意ですが、脱退は自分の意志で決められません。

60歳以上になった場合やサラリーマンとして就職した場合など、幾つか決められている条件を満たした時点で脱退となります。

国民年金基金を脱退した場合、それまで掛け金として支払ったお金はすぐには戻って来ません。

支払った期間や金額に応じて65歳以上になってから年金として返還されます。

掛け金はタイプや口数、性別によって違う

国民年金基金は国民年金と違って、加入者の選択によって掛け金が違います。

国民年金基金の掛け金には4つのルールがあり、下記のようになっています。

  • 加入時の年齢が高いほど、掛け金が高くなる
  • 確定年金より終身年金の方だと、掛け金が高くなる
  • 確定年金の保証期間が長いほど、掛け金が高くなる
  • 男性より女性の方が、掛け金が高くなる

国民年金基金はライフスタイルの変化に合わせて掛け金の変更ができます。

ある程度範囲は決まっていますが、増減することが可能です。

国民年金との大きな違い

国民年金は20歳以上60未満の全ての日本国民が、原則全員が加入しなければならない保険になります。

一方で国民年金基金は自営業やフリーランスの方が任意で加入し、掛け金を自分のライフスタイルに合わせて設定できる年金になります。

つまり、国民年金は将来貰える年金の基礎であり、国民年金基金はその上に積みあげる年金となります。

どちらかが優れているという訳では無く、どちらかを選ぶという訳でもありません。

年金のシミュレーション

それでは、国民年金と国民年金基金を毎月いくら払うと、65歳以上に受け取る年金がどのようになるのかシミュレーションをしましょう。

国民年金基金を最も安い掛け金で支払った場合

仮に、ある男性が国民年金を20歳から60歳未満まで満額支払ったとします。

月額16,340円を40年分支払ったとして約784万円になります。

国民年金だけを支払っていたら、65歳から貰える年金額は年額約78万円。月額6万5千円ほどになります。

この男性が国民年金基金を最も安い掛け金の組み合わせで購入した場合、月額約7600円を40年分支払ったとして約364万円になります。

貰える年金額は60歳~65歳までは年額約12万円、65歳以上は年額約24万円になります。

つまり、最も安い掛け金だった場合は、60歳まで毎月2万3000円を支払い、60歳以上になったら毎月1万円。

65歳以上になったら毎月約8万5千円を貰える計算となります。

老後2000万円問題を年金だけでカバーする場合

国会などで話題になった老後2000万円問題の元になった報告書では、65歳以上の無職夫婦世帯の支出を月約27万円としています。

仮に夫婦揃って第1号被保険者として年金を積み立てていたとした場合のシミュレーションをしてみましょう。

男女ともに20歳から国民年金を満額支払っていた場合、支給額は夫婦合わせて月額約13万円になります。

不足分の14万円を二人で割るとすれば、一人頭7万円になります。

国民年金基金で月額7万円を支給される掛け金は、男性だと毎月約2万5千円、女性だと毎月約3万円になります。

国民年金の支払いと合計すれば、男性は60歳までに毎月4万1千円、40年で1968万円。女性は毎月4万6千円、40年で2200万円を支払う計算になります。

上記のシミュレーションは国民年金と国民年金基金の掛け金が変わらないという計算の元、おこなっています。

払った年金の元が取れるまでの年数

上記のシミュレーションの場合、夫婦で支払った年金額は約4168万円です。

夫婦で合わせて毎月27万円を支給されたとして、支払った年金の元が取れるまでに最低でも15年は掛かります。

65歳から支給されたとして、元が取れるのは80歳となります。

まとめ

以上が国民年金と国民年金基金の違いになります。

国民年金基金は自由業やフリーランスの方が国民年金の上に積み立てる将来の保険になります。

しかし、国民年金と国民年金基金だけでは、豊かな老後を過ごせるとは限りません。

並行して、何らかの投資を始めてみましょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事