The Motley Fool

NISAかiDeCoどちらが良い?独身の30代・40代のための資産運用

独身の30〜40代の人も今では珍しくありません。

晩婚化と非婚化が進む中、独身の方で資産運用と老後の備えに関心のある人も増えているのではないでしょうか。

資産運用をはじめるなら、税制的に優遇されているNISAかiDeCoによる長期投資をはじめるのが無理もありませんし、おすすめです。

NISAとiDeCoというワードは資産運用に関心のある人なら気になる制度で名前ぐらいなら知っている人も多いかもしれません。

しかし、

  • NISAとiDeCoのどちらからはじめれば良いのだろう?
  • 自分にはNISAとiDeCoのどちらがあっているのだろう?

と疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では30代40代の独身の方のためのNISAとiDeCoの活用法をご紹介します。

独身の30代・40代は珍しくない

独身の30代・40代は現在の日本では決して珍しくはありません。

平成27年の国勢調査によれば、男性の30歳〜34歳の未婚率は47.1%、35歳〜39歳で35%、40歳〜44歳で30%、45歳〜49歳で25.9%が独身です。

女性は30歳〜34歳が34.6%、35〜39歳が23.9%、40〜44歳が19.3%、45歳〜49歳の16.1%が独身です。

独身男性 独身女性
30〜34歳 47.1% 34.6%
35〜39歳 35.0% 23.9%
40〜44歳 30.0% 19.3%
45〜49歳 25.9% 16.1%

参考:平成27年度国勢調査人口等基本集計

もちろん独身のまま一生を過ごすことも望む、望まないに関わらずあるかもしれません。

そして人生にはコントロールできることもできないこともあります。

一生独身を決め込んでいても、ふとした偶然が重なり結婚することになるかもしれませんし、離婚することも珍しくありません。

つまり30代〜40代でも人生は何が起きるか分からないのです。

30代〜40代で結婚することになり、住宅や教育費などの大きなライフイベントにかかるお金が必要になることも十分考えられます。

独身を決め込んでいたのに、いきなり結婚・住宅・教育費が必要になる展開も十分ありえます。

独身の30代・40代は現金を多めに

30代〜40代ではライフイベントで何が起きるか分かりません。

資産運用のメディアでは、NISAやiDeCoを積極的に活用するべきだという内容をよく見かけます。

確かにNISAもiDeCoも長期投資をする際には税制優遇もあるので、積極的に利用するべき制度には違いありません。

しかし投資にお金を使いすぎてしまうと、自分の生活やライフイベントを十分に乗りきるだけのお金が不足してしまいます。

そのため自由に使えるお金の割合は多めにしておくほうが、結婚や子育ての時に困りません。

NISAとiDeCoならNISAを優先するべき理由

  • 30代〜40代の方でライフイベントで何が起きるか分からない
  • でも資産運用もしないと老後が不安

ということでしたら、まずはNISA口座を優先的に運用するべきです。

NISAはiDeCoに比べてお金の出し入れが容易だからです。

NISAはいつでも解約できる

NISAは、毎年一定金額の範囲内で購入した金融商品(株や投資信託など)から得られる利益が非課税になる制度です。

一般NISAと積立NISAを選ぶことができます。

一般NISA・積立NISAに共通しているのは、資産の引き出しがいつでもできること(解約)です。

iDeCoは60歳までは原則拠出した資金を引き出せなくなるため、解約自由なNISAのほうが、いざというときにお金を自由に動かせるのです。

一般NISA 積立NISA
2014〜2023年 投資可能な期間 2018年〜2037年
5年 非課税期間 20年
年間上限120万 5年で600万 非課税枠 年間40万 20年で800万
個別株・投資信託・ETFなど 金融商品の種類 一部の投資信託
一括購入・積立 運用方法 積立

積立NISAと一般NISAはどちらか一方しか選べません。

どちらにも良さがありますが、年間40万までが上限で長い期間運用できる積立NISAのほうが、1年あたりの自由にできるお金は多くできるのではないでしょうか。

iDeCoは資金拘束が長いためライフイベントに弱い

iDeCoは原則60歳まで解約することができません。

そのため拠出したお金は60歳までの間に起きるライフイベントに回せないのが難点です。

  • 30代〜40代でライフイベントで何が起きるか分からない
  • 十分に投資に回すだけのお金がない

そんな時はiDeCoよりもNISAのほうが解約が自由なのでおすすめです。

余裕があればiDeCoの積立をしよう

iDeCoとは個人型確定拠出年金の略です。

自分のための年金を自分で積み立てる制度です。

iDeCoはNISAのように自由に解約できませんがメリットもあります。

iDeCoのメリットは運用益が非課税になることだけではありません。

拠出した分のお金を所得から控除することができるのです。

日本は累進課税で所得が多ければ多いほど税率が上がる仕組みになっています。

そのため、所得が高くライフイベントが急に起きても十分に乗りきれるのであれば、iDeCoも積極的に活用すると良いでしょう。

しかしNISAとiDeCoのどちらかだけで資産運用にかけられるお金は精一杯だという人は、最初は解約が自由にできるNISAのほうがおすすめです。

人生の3大費用は教育費・住宅購入費・老後の生活費

人生の3大費用は教育費・住宅購入費・老後の生活費です。

30代〜40代の独身の方は男女問わず教育費・住宅購入費がどのようにかかってくるか分かりません。

一生、独身のままでしたら基本的には子どもの教育費はかかりません。

しかし結婚するとなると、教育費や住宅購入費も家族と一緒に生活をする前提で考えなければいけません。

そのため何が起こるか分からない30代〜40代では、自由に動かせるお金を余裕をもって用意しておく必要があります。

難しい言葉で言うと「流動性資産」の割合を大きくしておくことです。

独身であれ既婚者であれ長寿の社会では長い長い老後がやってきます。

老後のための生活費を十分に賄うためにも、若いうちからの老後に向けての資産づくりもしておくべきです。

ライフイベントは起こらない可能性もありますが、老後は確実に生きている限りやってきます。

そのためライフイベントが起きることを想定しつつも、老後の生活費の備えとして長期投資をするならNISAをまずは積極的に活用しましょう。

その上で資金や収入に余裕があるなら、iDeCoで所得控除の恩恵を受けながら老後のための資産を形成していくと良いのではないでしょうか。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事