The Motley Fool

【米国株動向】ウェンディーズ、朝食再開発表で株価急落

モトリーフール米国本社、2019910日投稿記事より

ハンバーガーチェーンのウェンディーズ(NASDAQ:WEN)は10日、朝食メニューを来年から再開することを発表し、これに関連した投資により2019年の利益ガイダンスを引き下げました。

市場はこの発表を嫌気し、株価は10.7%急落し、その後も低迷しています。

拡大する米国人の外食支出、この恩恵を受ける銘柄は?

ウェンディーズは、朝食メニューを現在は300店舗のみで試験的に提供していますが、今後全米展開すると発表しました。

朝食メニューには、「ブレックファースト・ベーコネーター」や「ハニーバター・チキン・ビスケット」などが含まれています。

CEOのトッド・ペネガーは次のように述べています。

「大きな成長機会を見込み、全米で朝食メニューを開始します。朝食開始に当たり適切な人員と体制が整っていると考えており、ウェンディーズファンのお気に入りに朝食メニューに追加することで競合他社と一線を画します。」

ウェンディーズは朝食開始のために合計2000万ドル(約22億円)を投資すると述べ、その結果、通期ガイダンスを引き下げました。

調整後1株当たり利益の成長率は、従来の3.5%〜7%から3.5%〜6.5%に低下しました。

既存店の増収率予想は3%〜4%増のままです。

グッゲンハイム証券はこの発表を受け、朝食メニューの開始はリスクが高いと考えていることから、投資判断を「買い」から「中立」に引き下げました。

同社アナリストのMatthew DiFriscoは、ウェンディーズが今までに数回朝食導入に失敗しており、さらに朝食以外の時間帯の競争が激化していることから、「朝食導入は売上高成長に向けたリスクが高い選択肢」と指摘しています。

それでも、適切なマーケティングと高品質な製品によって、朝食メニューが成功する可能性はあります。

競合のマクドナルドやバーガーキングが既に長い間朝食を提供してきていることから、ウェンディーズも挑戦すべきなのでしょう。

ガイダンスの引き下げはアナリストの失望を誘いましたが、朝食メニューは長期的には成長をもたらす可能性があるでしょう。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者Jeremy Bowmanは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事