The Motley Fool

注意すべき投資信託の特徴と見極め方

投資信託は非常にセクターやファンドの規模などによって非常にたくさんの種類があります。

しかし、その中には購入を避けたほうがいい投資信託があります。

今回はそのような投資信託の特徴や見極め方について解説していきます。

特に投資初心者の方はこれからお伝えすることに十分注意しながらファンド選びをおこなってみてください。

販売手数料が発生するファンド

投資信託の中には手数料の一つとして販売手数料が発生するものがあります。

これは投資信託を販売する証券会社や銀行などの金融機関に対して支払われる手数料となります。

後ほどご紹介する信託報酬などと異なり、購入時だけ発生する1回限りの手数料ですが、投資信託の購入金額に対して最大で3%ほどかかります。

例えば、100万円分の投資信託を購入しても、投資資金に充当されるのは3万の販売手数料が引かれた後の97万円のみとなってしまうのです。

その一方で「ノーロード投資信託」と呼ばれるタイプなど販売手数料のかからない投資信託もあります。

また、ネット証券で購入する投資信託の場合、その多くが販売手数料ゼロか、非常に低い手数料で済みます。

長期保有の場合には信託報酬などのほうが重要視すべき取引コストではありますが、たとえ3%であっても利回りを少しでも伸ばしたり、比較的短期間で回転させることを検討している場合にはその差は大きいといえます。

しかも、販売手数料のかかる投資信託が良い商品であるとは限りませんし、ネット証券なら同じタイプの投資信託が販売手数料ゼロで購入できますので、できれば販売手数料のない商品を購入したいところです。

信託報酬の高いファンド

信託報酬とは、投資信託を保有している間は投資信託を運用するために継続的に発生する費用のことです。

信託報酬の内訳ですが、主にファンドマネージャーへの報酬などを含めた運用に関する費用の他、運用報告書の作成と発送費用、ファンド資産の保管費用などから構成されています。

信託報酬は購入する投資信託の種類によっても異なるものの、年0.1~2.0%ほどと幅広い報酬率となっています。

投資期間中にわたり常に発生する費用であり、利回りを減少させてしまいますので、信託報酬の高いファンドは避け、できるだけ小さいファンドを選びたいところです。

信託報酬率がこのように差が広がっている理由ですが、運用に関して発生する費用がファンドごとに異なるためです。

傾向としてはインデックス型ファンドよりもアクティブ型のファンドのほうが、信託報酬率の高く設定されています。

これは積極的にファンドの選定や組み換えなどをおこなうアクティブ型ファンドのほうがファンドマネージャーへの報酬や調査費用などがより多く発生するためです。

一方のインデックス型ファンドは株価指数に機械的に連動するため、アクティブ型ファンドよりも全般的に低いコストで運用できます。

信託報酬率が高い傾向にあるファンドとしては、他にも先進国のファンドよりも新興国のファンドのほうが高く、またコールオプションが組み込まれているカバードコール型投資ファンドのほうが高くなります。

さらに毎月分配型やテーマ型、通貨選択型のファンドも信託報酬が高く設定される傾向にあります。

その他にも信託報酬が実質的に非常に割高に発生する可能性のあるのが、「ファンドオブファンズ」です。

ファンドオブファンズとは、投資信託が別の複数の投資信託に投資するファンドのことです。

例えば、投資信託Aに投資する場合、そのAという商品は別の投資信託BやCにも分散投資しているというものになります。

ファンドオブファンズは、一般的な投資信託よりも高いリスク分散効果が期待できる反面、投資対象となるファンドの信託報酬に加え、投資先の投資信託の信託報酬も発生し、非常に割高な信託報酬が課せられることになります。

ファンドオブファンズの多くは、アクティブ型ですのでただでさえ高い信託報酬がさらに倍増してしまいます。

ここまで信託報酬率の割高なタイプの投資信託の特徴についてお伝えしてきました。

信託報酬はファンドの純資産総額に対して毎日少しづつ差し引かれているために手数料という意識が希薄になりがちです。

しかし、ファンドの利回りを確実に目減りさせていきますので、ファンド選択の際には信託報酬率の低いものを選びたいところです。

やはり、大半の商品がほぼ0.5%以内に収まるファンドをまずは検討してみるといいでしょう。

毎月分配型ファンド

毎月分配金の受け取れる毎月分配型ファンドは、年金の足しになるなどリタイアした世代ではそれなりに有効ともいえますが、投資効率が低いために現役世代の方は避けるべきファンドの一つといえるでしょう。

その最大の理由が投資する上で重要な考え方の一つである「複利運用」に向かないものだからです。

毎月分配型ファンドでは、運用資金の中から毎月分配金が投資家に支払われます。

20万円の投資信託を購入し、その利回りが4%の場合は単純に1年で8,000円がもらえることになります。

しかし、本来であればその8,000円と元本の合計である20万8,000円が再投資されれば、より大きなリターンが得られるはずです。

このように複利効果の恩恵が受けられないばかりか、さらに分配金を受け取る都度、20.315%もの税金が課税されるのでなおさら投資効率は悪くなってしまいます。

特に20代~30代といった若い世代の方が将来の家族のために利用する資金作りやリタイヤ後の生活資金確保のために長期運用する場合、複利効果が期待できない毎月分配型ファンドでは投資のメリットが著しく低下してしまいます。

間違っても毎月分配金がもらえることが、運用成績の優れた「良いファンド」などと誤解しないようにしてください。

特に下落相場が続くかもしれない相場環境において、一定の割合で分配金を出し続けるほど効率の悪い投資はありません。

人気の高い毎月分配型の投資信託とは?メリット・デメリットと共に解説

テーマ型ファンド

世間で話題になっているテーマを選び、そのテーマに関連する銘柄を中心に運用していくものが、テーマ型ファンドです。

選ばれたテーマは時代とともに変遷し、かつてはITやインターネット、バイオから最近では再生可能エネルギーや再生医療、AI(人工知能)、フィンテックなどがあります。

テーマ型ファンドを避けるべき理由はいくつかありますが、最大の理由は旬となるテーマの鮮度がすぐに古くなって注目度が落ちやすく、そうなればすぐに株価が伸び悩み、運用成績の伸びも期待できないリスクがあるからです。

また、テーマ型ファンドの大半はアクティブ型と呼ばれるファンドであり、銘柄選定に関する調査費用やファンドマネージャーに支払われる高い報酬などから保有コストが高くなります。

長期的に大きく伸びるような成長性の高い分野であれば高い保有コストに見合った利回りも期待できますが、たいていのテーマ型ファンドの運用成績は伸びても一過性である場合がほとんどです。

このように運用コストも割高で、長期の成長があまり期待できないテーマ型ファンドでも、あえてポテンシャルを感じて投資するような場合、短期で回すようなイメージで投資するほうがいいでしょう。

利益が乗ってきたところで早目に利益確定するという戦略が必要になり、運用成績や市況の変化について絶えず注視していくことが重要になってきます。

通貨選択型ファンド

一般的なファンドが株や債券からの値上がり益や配当、利子などを収益源としていますが、通貨選択型ファンドはそれらの収益源に加え、為替取引による収益の獲得をも目指すファンドになります。

通貨選択型ファンドが獲得を目指す為替取引からの収益には「為替ヘッジプレミアム」と「為替変動による収益」の2つがあります。

為替ヘッジプレミアムとは、投資対象となる株や債券などの資産の通貨よりも金利の高い通貨を選択する場合に得られる金利差分の利益のことです。

日本やヨーロッパを始めとする先進国は政策金利が比較的低金利であるのに対して、南アフリカ・ランド、トルコ・リラ、ブラジル・レアルなどの新興国の政策金利は国の金融政策上から非常に高いのが特徴です。

特にトルコ・リラは年率20%を超えるものもあります(2019年8月時点)。

もう一つの収益源である為替変動による収益とは、選択した通貨が日本円よりも通貨高(日本円の円安)であれば、その為替差益分のことになります。

これは投資対象となる資産購入時に為替ヘッジなしによる為替取引をしたのと同じことです。

つまり、通常の投資リスクに加えて、「為替リスク」を負うことになる点に注意が必要なのです。

通貨選択型ファンドを避けるべき理由は何点かありますが、まず基本的にアクティブ型ファンドですので、信託報酬などの運用コストが非常に割高であるという点が挙げられます。

そのコストの高さゆえに利回りを大きく減らしてしまい、そのような状態が満期まで継続する場合もあります。

また、既にお伝えしたように投資リスクだけでなく、為替リスクも余分に取ることになります。

長期保有を前提とした投資において、せっかく順調に利回りが出ていたとしても、満期時に円高であればそれまでの利回りが簡単に吹き飛んでしまうリスクがあることにも注意が必要です。

また、通貨選択型ファンドの中には前述の分配型ファンドも多く、その場合投資効率は著しく低下することも念頭においてファンド選びをしてみてください。

まとめ

購入を避けたほうがいい投資信託の特徴と見極め方についてお伝えしてきました。

実は今回購入対象から外したほうがいいファンドとして挙げたものでも、運用コストやリスクを上回るファンドは数こそ少ないものの、存在することは確かです。

しかし、実際にそのようなファンドを見極めることは難しく、仮に期待できそうなファンドが見つかったとしても、長期投資を考慮した場合に満期償還までに良いパフォーマンスが維持されるかまではわかりません。

従って、今回ご紹介したような内容をベースにファンド選びをしたほうが、余計なリスクを抑えることができるでしょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事