The Motley Fool

【米国株動向】ストリーミングTVのRoku、ホームオーディオ新製品を発表

モトリーフール米国本社、2019年9月4日投稿記事より

ストリーミングTVプラットフォームであるRoku(NASDAQ:ROKU)はこのほど、ストリーミング関連で2つのホームオーディオ製品を発表しました。

同社は、音質のよい製品を投入することでストリーミングTVの成長を加速させようとしています。

【米国株動向】Rokuのスマートテレビ戦略、一段上の段階へ

低価格製品を投入

Rokuは、「Smart Soundbar」と「Wireless Subwoofer」をそれぞれ180ドル(約2万円)で発売します。

Smart Soundbarは4つのスピーカーと自動音量調整機能などが含まれるサウンドバーで、テレビに連動させることで高品質なオーディオを提供します。

Smart Soundbarはストリーミングプレーヤーとして機能し、最大4K(現時点では最高のストリーミング画質および音質)のストリーミングを可能とします。

グーグル・アシスタントやアマゾン(NASDAQ:AMZN)のアレクサなどを繋げることもできます。

Wireless Subwooferはワイヤレススピーカーで、10インチの大型スピーカーを備え、Wireless Soundbarなどとつなげることで迫力ある重低音が楽しめます。

デバイスは現在予約注文が可能で、10月に小売店で販売開始となる予定です。

競合が多いサウンドバー市場

Rokuは競合が多いサウンドバー市場に進出していますが、低コストのハードウェアを提供し、ストリーミングサービスで収益をあげるという基本戦略を取っているため、ハードウェア関連の利益はほとんど見込んでいません。

ボーズやソノスなどの定評ある競合の高価格なサウンドバーは800ドルで販売されています。

Roku、米国でトップを維持

Rokuは米国でナンバー1のストリーミングプラットフォームであり、市場調査会社のStrategy Analyticsは、米国で4100万台以上のRokuデバイスが使用されていると推定しています。

Rokuは第1四半期(1月〜3月)にコネクテッドTVデバイス売上高の30%を獲得し、第2位はアマゾンで12%でした。

ただし、アマゾンのデバイスは世界的に使われていて、3700万以上の月間アクティブユーザーを抱えています。一方、Rokuのアクティブアカウントは3050万です。

今回のホームオーディオ製品投入も、Rokuのシェア死守のための一つの動きと考えられるでしょう。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。アルファベットのエグゼクティブであるSuzanne Freyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者 Evan Niu、CFAは、アマゾン株を保有しています。モトリーフール社は、アルファベット(A株)、アルファベット(C株)、アマゾン株、Roku株を保有し、そして推奨しています。

最新記事