MENU

私が今この業界に投資している理由

モトリーフール ・オーストラリア支局、2018年10月23日投稿記事より

不健全と思われてしまうかもしれませんが、私が今投資先として最も魅了されているものは葬儀業界です。

オーストラリアは、昔からあるインバケア(ASX:IVC)と新しいプロペル・フューネラル・パートナーズ(ASX:PFP)がこの業界の主要企業となります。最近行われた買収を考慮すると、この2つの企業でオーストラリア葬儀業界のシェアを40%以上占めていると考えられます。

過去1年間において、始値からプロペルの株価は19%下がり、インバケアの株価は29%下落しました。

この株価下落の主な原因は3つあります。

  • 価格競争は心配すべき点であり、特に英国において、大手業者が価格を大幅に引き下げる例が見られている。オーストラリアでは大手業者が価格競争を行わなければ生き残れないような非営利事業者はまだ見られない。
  • 予想されていた死亡者数より今年の死亡者数が少なかった。
  • 金利の上昇が株式の魅力と評価を低下させた。

防御的

悲しいことなのですが、毎年一定数の人が亡くなります。しかしありがたいことに、技術の革新と医療の発展は死亡率を下げる手助けをしています。どちらかというと遅らせる手助けをしていると言ったほうが正しいのですが。

インバケアとプロペルは毎年ある程度の収入と利益を確保することに期待できます。つまり、市場の低迷時も期待できることを意味します。

長期的な成長

死亡者数は2016年から2025年において年間1.4%増加し、2025年から2050年にかけて2.2%増加すると予想されています。今後30年、オーストラリア証券取引所で成長をするであろうと期待できる企業は多くありません 。

このグラフには、長期的な成長予測が表示されています。

(出典:インバケア投資家向けの資料)

最後に

インバケアとプロペルが必要とするのは、市場シェアを維持(または成長)し、少しずつ葬儀の価格を上昇させ、葬儀の数を増やすことです。それを行うことができれば、株主に一定の利益を生み出すことができます。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事