The Motley Fool

ロボアドバイザーを使った投資か、それともインデックスファンドへの投資か?

モトリーフール米国本社、201975日投稿記事より

投資口座に、AI(人工知能)を活用したロボアドバイザー・サービスを利用した方がいいのか、それともインデックスファンドをいくつか購入する方がよいのか、との質問がよくあります。

単に手数料が低いインデックスファンドを購入することが、より安価な方法となるのは事実です。

一般的に、ロボアドバイザーはインデックスファンドへの投資となり、さらに管理手数料を要します。

たとえば、米オンライン証券のTDアメリトレードのエッセンシャル・ポートフォリオ・ロボアドバイザリー・プラットフォームの場合、ETF投資で0.07%~0.08%の経費率となり、それに加えて運用資産に対して0.30%の管理手数料を請求します。

しかし、ロボアドバイザー・サービスが役立つ幾つかの点を認識することが重要です。

たとえば、長期にわたってポートフォリオのバランスに配慮し、必要に応じてアセットアロケーションを調整してくれます。

これは、一般投資家ができないことではありませんが、それを適切に行うには時間と知識が必要です。

また、ロボアドバイザー・サービスには、複雑な投資関連税制へのポートフォリオの最適化など、他の機能もあります。

経験豊富な投資家でさえ、それを自ら行うのは難しいかもしれません。

さらに、ほとんどのロボアドバイザーには、投資家の質問に答えるために何らかのヘルプデスクが設置されています。

重要なのは、手数料が極めて低いETFなどのインデックスファンドを買うことは、自身のポートフォリオ運用を気にしない投資家にとっては賢い選択であるということです。

しかし、ロボアドバイザーは、投資家の投資計画に基づいてポートフォリオを自動で運用してくれるため、追加費用の価値があると考える人が多いことも事実です。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者Matthew Frankel, CFPは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事