The Motley Fool

【米国株動向】エスティローダー、極めて好調な決算で株価急騰

モトリーフール米国本社、2019年8月19日投稿記事より

化粧品大手のエスティローダー(NYSE:EL)は、19日に極めて好調な第4四半期(4月~6月)決算を発表し、株価は12.5%上昇しました。

株価は年初来で55%の上昇となっています。

アジア市場での成長、インスタグラム普及に伴う化粧需要の拡大、スキンケア製品の需要増が好業績を牽引しています。

注目すべき生活必需品株10銘柄

第4四半期決算の概要

第4四半期の売上高は前年同期比9%増の35億9000万ドル(約3800億円)で、アナリスト予想の35億3000万ドルを上回りました。

なお、為替中立ベースでは12%増です。

調整後1株当たり利益は前年同期の0.61ドルから0.64ドルに増加し、アナリスト予想の0.53ドルを容易に上回りました。

エスティローダーにとって、中国市場が再び成長エンジンとなっています。

為替中立ベースのアジア太平洋地域売上高は前年同期比25%増と大幅に伸び、中国が牽引しました。欧州、中東、アフリカ地域売上高も為替中立ベースで18%増でした。

なお、北米および南米地域の売上高は5%減で、既存小売店舗の低迷が影響しています。

今後の見通し

経営陣が示した2020年度のガイダンスはさらに強気です。

通期の増収率は7%~8%で、調整後1株当たり利益は5.90ドル~5.98ドルを見込んでいます(昨年度は5.34ドル)

エスティローダーの株価は、19日の急騰を踏まえると相当割高とみられます(予想PERは約35倍)。

しかし、同社は今後も、成長を牽引する多くの構造的トレンドの恩恵を享受できると考えられます。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者Jeremy Bowmanは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事