The Motley Fool

【米国株動向】メーシーズ、さえない決算発表受け株価急落

モトリーフール米国本社、2019年8月14日投稿記事より

百貨店大手のメーシーズ(NYSE:M)の株価は14日、アナリストのコンセンサス予想を下回る決算発表で一時18%急落し、約10年ぶりの安値を付けました。

メーシーズ急落の影響を競合の百貨店も受け、コールズ(NYSE:KSS)の株価も約10%下落しました。

メーシーズの株価推移(単位:%)

出典:YCHARTS。2019年8月14日時点

メーシーズの第2四半期(5月~7月)の売上高は前年同期比0.5%減の55億5000万ドル(約5900億円)で、ほぼアナリスト予想通りでした。

しかし、調整後EPS(1株当たり利益)は前年同期の0.70ドルから0.28ドルに大きく落ち込み、アナリスト予想の0.45ドルも下回りました。

例年より暖かい気候などで主力の女性向けアパレルが不振で、海外からの観光客の落ち込みも響き、値引き販売で利益率が悪化しました。

通期については、上期の利益減少を考慮し、調整後EPSを当初の3.05ドル~3.25ドルから2.85ドル~3.05ドルに引き下げました。

これも、アナリスト予想の3.07ドルを下回っています。

既存店売上高予想の前年比0%~1%増は変更していません。

なお、競合のコールズは20日に第2四半期(5月~7月)決算を発表予定で、調整後EPSの前年同期比12.5%減が予想されています。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者Rich Smithは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事