The Motley Fool

長期投資と短期トレードは矛盾しない?資金を2つに分けてみよう

長期投資をするべきか、トレーディングで短期の売買をするべきかで悩む人も多いのではないでしょうか。

長期投資が良いか短期のトレーディングが良いのかは株投資の世界では昔から議論され続けているテーマです。

モトリーフール・ジャパンでは資産形成は長期投資で行うことを推奨しています。

短期のトレーディングは市場の細かい動向を常に気にかけなければいけません。

そのため、実際に行うと日常生活での精神的・肉体的な負担が大きいのです。

また慣れていない人がトレーディングに手を出すとすぐに資金を失ってしまいます。

しかしトレーディングによって利益を積み重ねている投資家もいますし、短期売買をやってみないと気が済まないという人もいるのではないでしょうか。

長期投資と短期のトレードはどちらか一方を選ぶ必要はありません。

長期投資と短期トレードの口座を分けて両方やってみれば良いのです。

長期投資と短期トレードは両立できる

長期投資と短期トレードはどちらか一方を選ぶ必要はありません。

興味があるならどちらもやってみれば良いのです。

多くのベテラン投資家は長期投資も短期のトレーディングも経験しています。

両方やってみることで自分の得意な投資のアプローチが見つかることもあります。

ただし投資をはじめたてのときは両立の仕方に注意した方が安全です。

長期投資と短期トレードの口座は分けるのがおすすめ

長期投資と短期トレードの口座は一緒にせずに分けた方が分かりやすいでしょう。

長期投資に適した証券会社もあれば、短期のトレードに有利な手数料体系の証券会社もあります。

自分のやってみたい投資戦略、トレード計画にあった口座を選び、長期投資用の口座と短期のトレーディング用の口座を分けましょう。

口座を分けることで長期投資の運用成績、短期のトレーディングの成績を可視化しやすくなります。

長期投資をコアに短期トレードをサテライトに

コア・サテライト戦略という投資法があります。

コアになる資金とサブの資金に分けて投資をする方法です。

長期投資と短期のトレードを併用する場合、最初は長期投資の資金を大きくして短期のトレードの資金は小さめにしましょう。

つまり長期投資がコア(メイン)、短期のトレードをサテライト(サブ)として運用するのがおすすめです。

長期投資の資金配分を高めにしよう

本当に長く持ち続けられる資産となる株を買いましょう。

個別株でなければインデックスファンドでも代用できます。

資産とは有り体に言えばあなたのポケットにお金を入れてくれるもの、負債とはあなたのポケットからお金をとっていくものです。

資産を形成するには、あなたのポケットにお金を運んでくれる資産をたくさん持つべきです。

特に長期投資に適した米国企業の株は配当も高い銘柄が多く、日本株よりも株主に利益を還元する傾向があります。

短期トレードは小さなポジションではじめよう

短期トレードは基本的に小さなポジションからはじめましょう。

資金の比率は投資家それぞれの好みですが、投資資金の1割から多くて3割程度に留めておく方が無難です。

短期のトレードは売買の回数が多く、失敗が続くとすぐに資金が底をついてしまいます。

特に慣れない素人の当てずっぽうの短期トレードでは、資金がいくらあっても足りないでしょう。

よく分からないまま株投資で短期トレードに手を出し、すぐに資金を溶かしてしまい、市場から退場することも珍しくありません。

短期のトレードは本当に厳しい世界です。

小さいポジションから少しずつ積み重ねていき、本当にトレーディングに適性があるかどうかも確かめましょう。

本当にトレーディングで利益を上げ続けることができるなら、小さなポジションからでもすぐに大きく稼ぐことができるはずです。

短期トレードの失敗を長期投資の口座で取り返そうとしない

長期投資と短期トレードを併用する場合、注意したいのが短期トレードで負けた分を長期投資の資金で取り返そうとしてしまうことです。

長期投資の資金を短期トレードの損失の補填にあてようとしてはいけません。

短期トレード用の資金だけでトレードを続け、市場から退場するようならトレードには向いていなかったということに他なりません。

むしろその場合は長期投資一本に絞って資産運用をするきっかけとするべきです。

基本的には資産を築けるのは長期投資

基本的に資産を築けるのは長期投資です。

短期のトレードのように取引回数が多いことで手数料負けもしづらく、配当も入ってきます。

また米国株のインデックスは中長期的に見ると右肩上がりを続けています。

下手に売買を繰り返すよりも優良株を長期保有している方が配当・複利の力で資産を増やしやすいのです。

短期トレードはゼロサムゲーム

よく言われるのが短期のトレードはゼロサムゲームだということです。

利益を出せるか損をするかのギャンブルのような側面もあります。

ゼロサムゲームでは勝者の裏に敗者も生まれます。

長期投資はプラスサムゲームであると言われています。

プラスサムゲームは参加者全員が程度の差はあれど儲かるゲームです。

企業の成長に伴って発行株が増え、お金の総量が増え、結果的に参加者全員が儲かる可能性があるのが、株投資のFXなどにはない魅力でもあります。

投資をする際は基本的にプラスサムゲームに参加するべきです。

ゼロサムゲームで常に勝ち続けるのは、ほとんどの人ができません。

だからこそ短期のトレードは小さなポジションからはじめるべきです。

長期投資が資産形成の母艦。トレードは小さくはじめよう

一般的には長期投資が資産形成の要です。

長期投資も短期のトレードも両方試してみたいなら短期のトレードに割く資金は少なめにしてください。

そして長期運用の口座と短期トレードの口座を分けた方が管理もしやすく、トレードの負けを長期投資口座の資金で補填する悪手を取らずに済むでしょう。

もしもトレードの才能があるなら、小さなポジションからでも利益が積み上がっていくはずです。

逆にすぐに短期トレードの資金が尽きてしまうようなら、短期のトレードは向いていないということで撤退して、長期投資に運用を絞った方が良いでしょう。

長期投資と短期のトレードは同じ株投資でも有り体に言えば別のゲームです。

口座をしっかりと分け、トレーディングの資金は小さいポジションからはじめる方が市場から退場する可能性を小さくできます。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事