The Motley Fool

【米国株動向】フットウェアのクロックス、堅調な決算を受け株価上昇

モトリーフール米国本社、201981日投稿記事より

フットウェア会社であるクロックス(NASDAQ:CROX)の第2四半期(4月〜6月)決算は、Eコマース(電子商取引)などの貢献で売上高が予想を上回ったことを受け、1日に株価は7%上昇しました。

クロックスの売上高は前年同期比9.4%増の3億5890万ドルで、為替中立ベースでは12.5%増となりました。

店舗閉店によって売上が約600万ドル減少しましたが、卸売売上高の9.4%増およびEコマース売上高の18%増が補いました。

なお、既存店売上高は11.8%増となりました。

非GAAP(米国一般会計原則)ベースの調整後営業利益は、営業利益率の改善により前年同期比12.7%増の5120万ドルとなりました。

調整後純利益は3%増の4260万ドル、また1株あたり利益は0.59ドルとなり、アナリスト予想の0.45ドルを大きく上回りました。

好調な決算と現在の販売動向に基づき、クロックスは2019年通期の増収率予想を当初の5%〜7%から9%〜11%へ引き上げました。

アナリストの通期予想は7.1%でした。

CEOのアンドリュー・リースは「下半期の売上高成長が上半期を大幅に上回ると予想しており、通期見通しを引き上げた」と述べました。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者Joe Tenebrusoは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事