The Motley Fool

必要あるの?投資系オンラインサロンに入るメリット・デメリット

投資家の方でこんな悩みがある人はいませんか?

  • 投資の勉強をしてみたい
  • 投資家同士の交流が欲しい

そこで、場所を問わずにどこからでも参加できる、ネット上のオンラインコミュニティに興味をもつ人もいるのではないでしょうか。

投資家や金融の専門家が運営しているオンラインサロンもあります。

オンラインサロンに興味があり、入るかどうか悩んでいる人もいるかもしれません。

本記事では投資のオンラインサロンに入るメリットとデメリットをご紹介します。

オンラインサロンはWEB系のクローズドコミュニティ

オンラインサロンは月額会費制で、作家や実業家、ブロガー、スポーツ選手などが主催して運営しているところが多数あります。

IT企業の用意したオンラインサロン専用のプラットホームで運営しているところもあれば、既存のチャットやコミュニケーションソフトで運営している事例もあります。

オンラインサロンの会費は千差万別で、数百円単位のものもあれば1万円以上かかるところもあります。

投資をテーマにしたオンラインサロンもある

投資をテーマにしたオンラインサロンもあります。

具体的な名称はあえて出しませんが、金融機関出身の有名人が運営しているサロンや、トレーダーで有名な人が開いているサロン、FXや仮想通貨をテーマにしたオンラインサロンまで様々です。

オンラインサロンの運営者が投資について教えてくれたり、参加者同士でディスカッションできるところが多く、投資をテーマに交流することができます。

中にはオンラインサロンの中でオフ会が開かれるところもります。

投資でオンラインサロンを利用する3つのメリット

オンラインサロンを活用することで、投資家個人では得られなかった知見や交流をもつこともできます。

周囲に投資の情報交換をする友人・知人がいないなら、オンラインサロンに入ることで発見や得られるものもあります。

投資家同士で交流がもてる

オンラインサロンならテーマごとに関心のある人が全国・世界から集まります。

投資をテーマにしたオンラインサロンなら、投資に興味のある人が集まるため、投資家同士で交流の場がもてます。

  • 身の回りに投資をしている人が少ない
  • 身近な人と投資関係の話をしたくない
  • 投資に詳しい人が身近にいなくて困っている

そんな悩みのある人は、オンラインで交流できる場があると心強く感じるかもしれません。

投資の話題や悩みを身近な人に相談できない人もいるでしょう。

例えば同じ会社でも上司や同僚よりも運用資金が大きいため投資の話はしづらい、そもそも投資をしている人が周囲に自分だけということもあるのではないでしょうか。

一人では気づかない情報を知れる

投資の情報を一人で集めるのは難しいものです。

情報を追いきれなかったり、重要な情報に気づかなかったりすることもあります。

しかしオンラインサロンに入っていれば、一人では気づかなかった切り口の投資情報を聞く機会などもあるでしょう。

コミュニティに参加することで新しい知見・情報を得る機会が増えます。

クローズドなどで情報の密度が高い

オンラインサロンはクローズドなコミュニティです。

ネットにつなぐことができれば、オープンにされている情報にアクセスすることはできます。

しかしテーマによってはオープンにはされていない情報もあります。

またオープンなネット空間では無駄な情報や横入りなどのノイズも多々あります。

もちろんオンラインサロンによって質のばらつきや盛り上がりの差もあるため一概には言えませんが、クローズドなコミュニティだからこそ、深いところまでディスカッションできたり、密度の高い情報を得たりしやすいのです。

投資でオンラインサロンを利用する3つのデメリット

投資でオンラインサロンを利用するにあたり注意しなければいけないこともあります。

オンラインサロンの中には信用できないところや、投資初心者に偏った情報を吹きこむところもあるからです。

オンラインサロンを利用するうえで気をつけなければいけないデメリットもご紹介します。

人間関係のトラブル

オンラインサロンの醍醐味は人との交流です。

しかし人間関係によるトラブルもあります。

コミュニケーションの行き違いや、価値観の違いなどでトラブルになったりすることもあります。

特にオンラインでは文字を中心にしたやりとりになるため、誤解も生まれやすくなります。

情報が偏ってしまう

オンラインサロンはクローズドなコミュニティです。

そのため小さなコミュニティの中で深く投資に関連するテーマで議論することもできます。

しかしクローズドなコミュニティだからこそ情報が偏ってしまうこともあります。

オンラインサロンに入ってもサロン一つに依存せずに、幅広く情報や価値観を自分で取捨選択しなければ視野が狭くなってしまいます。

中には怪しいコミュニティもある

残念ながらオンラインサロンの中には言い方は悪いのですが、投資初心者を「喰い物」にしているようなところもあります。

投資関係の役に立たない情報商材をオンラインサロンの中で売ったり、ひどいケースになると売買を煽って相場操縦を疑われるようなことをしているサロンもあると言われています。

オンラインサロンの仕組み自体は良いのですが、その仕組みを悪用する人もいるのです。

もしも投資系のオンラインサロンに入ってみたい人は、事前に主催者の評判やSNSなどでの発言を確認することが大切です。

怪しいコミュニティに入ってしまったら適当な理由をつけて、すぐに脱退しましょう。

仮入部のような気軽な感じで覗いてみてから、合う合わないを確認し本格的に参加しても、脱退しても良いのです。

投資オンラインサロンは必ずしも必要ないが、入るなら慎重に選ぼう

オンラインサロンがなくても投資について勉強することもできますし、もちろんサロンに入らなくても投資はできます。

流行っているからと無理に入る必要はありません。

しかし投資家同士の交流の機会や場がほしければ、オンラインサロンも一つの手段として考えても良いでしょう。

ただしオンラインサロンに入る際は主催者の評判やSNSでの発言などを事前にしっかりと調べたうえで利用しましょう。

もしも悩むようなら、一度入ってみて様子を伺ってから退会するか継続するかを決めるのも手です。

オンラインサロンも千差万別です。

自分にあったコミュニティを見つけることができれば、学びや知見・交流をえられます。

オンラインサロンで一番、大切なのは人です。

どんな人がどんな思いで運営していて、どんな人たちの交流があるのかをしっかりとみることが大切です。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事