The Motley Fool

【米国株動向】ナイキ、アスリージャー人気など追い風に今後5年も成長維持へ

モトリーフール米国本社、2019年7月30日投稿記事より

ナイキ(NYSE:NKE)は、長期にわたり株主に恩恵をもたらしており、過去5年で株価は倍になりました。

ナイキ・ブランドの人気はスニーカー需要の増大と共に高まり、アスリージャー(スポーツウェアと普段着を兼ねたファッションウェア)の追い風を受けています。

これまでの業績および経営陣の手腕と長期トレンドを考慮すると、ナイキの今後5年もかなり有望と考えられます。

【米国株動向】ナイキ決算:為替変動や貿易戦争にもかかわらずほぼ会社予想通り

ポートフォリオの中核となりうる3銘柄:バークシャー、ディズニー、ナイキ

以下でナイキの長期的な成長を牽引する要因を説明します。

1.健康志向の高まり

ナイキの売上高および利益は過去10年間に順調に増加しています。

ナイキの増収増益を支えているのは、健康的かつアクティブなライフスタイルへの関心の高まりで、特にミレニアル世代でそれが顕著です。

ナイキの株価(青)と売上高(オレンジ、直近12カ月)の推移(単位は株価がドル、売上高が10億ドル)

出典:YCHARTS。2019年7月26日時点

スポーツやフィットネスプログラムへの関心の高まりが、アスレチックアパレル産業の堅実な成長の背景にあり、今後も成長を続けると予想されています。

モルガン・スタンレーは、アスレチックアパレル関連市場が2021年までに約3,550億ドル(約38兆円)に達すると予想しています。

2.アスリージャー需要がナイキの売上を引き続き牽引へ

アスリージャーの人気はとどまるところを知らず、スニーカー需要はよりファッション性を帯びてきています。

このため、ナイキや競合他社はセレブとコラボして独特のスタイルのスニーカーをデザインし、それがさらに需要を拡大しています。

アディダスはモデルで女優のカイリー・ジェンナーや歌手のビヨンセとコラボし、一方、ナイキはラッパーのトラビス・スコット、シンガーソングライター・俳優のジャスティン・ティンバーレイクなどとコラボしています。

3.魅力的な新製品を相次ぎ投入し顧客を魅了

ナイキは、製品の生産時間を半分に短縮し、新製品の投入速度を倍増させたため、最新のスタイルを求める顧客を引きつけています。

この戦略によりユーザーのスタイル変化への速やかな対応が可能になり、また店頭で売れ残る商品が減るため、ナイキの利益率を高めています。

4.スタイルを増やして需要喚起

ナイキはイノベーションも追求しています。

優れたランニングシューズへの強い需要がある一方で、日常生活用シューズの需要もあります。

ナイキはこの2つの需要を満たすべく新たなスタイルのシューズも開発しています。

その一例が最近投入したAir Max React 270で、人気が高いAir Maxスニーカーにランナー向けのReactクッション技術を取り入れました。

5.利益率の改善で利益成長加速

ナイキは、サプライチェーンの効率性向上と製品の市場投入スピードの加速により、利益率を改善しつつあります。

今後の利益率改善のためには、デジタル販売がカギとなるでしょう。

より多くの売上がダイレクトチャンネル経由でもたらされており、ナイキの直営店、アプリ、ナイキ・ドットコムが含まれます。

昨年、ダイレクトチャンネル経由売上は前年比16%増加し、特にデジタルアプリ経由は35%と最も大きな伸びとなりました。

ナイキおよび関連会社のデジタル売上は、2023年までには全売上高の30%を占めるようになると見込まれます。

経営陣は長期的には売上高の半分以上を占めると予想しています。

これにより、ナイキの売上高総利益率がさらに改善するでしょう。

【米国個別株動向】ナイキ、デジタル戦略で競争優位性を強化

ナイキの売上高総利益率の推移(直近12カ月、単位:%)

出典:YCHARTS。2019年7月26日時点

株価への影響は?

上記から、ナイキは今後5年も売上高を拡大し、利益率も高めると期待されます。

株価への影響はどうでしょうか?

PER(株価収益率)は過去10年で着実に上昇しており、予想PERは現在約30倍になっています。

アスリージャーへの高まる需要、サプライチェーンの改善、デジタルチャンネルの成長は、ナイキの売上高および利益を牽引していくと予想されます。

アナリストは、ナイキが今後5年間は利益を年率15%増加させると予想しており、ナイキは長期投資対象として有望と考えられています。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者John Ballardは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、ナイキ株を保有しており、そして推奨しています。

最新記事