The Motley Fool

注目すべき北米ヘルスケア株3銘柄:ギリアド、ガーダント、ヘクソ

モトリーフール米国本社、2019年7月18日投稿記事より

ヘルスケア株は全体としては医療制度改革などの逆風にさらされていますが、一部の銘柄には個別要因の順風が吹いています。

今注目すべきヘルスケア株3銘柄として、バイオ優良株のギリアド・サイエンシズ(NASDAQ:GILD)、がん遺伝子検査のガーダント・ヘルス(NASDAQ:GH)、カナダの大麻企業のヘクソ(NYSEMKT:HEXO)を紹介します。

ギリアド・サイエンシズ:市場、新CEOの手腕を評価

ギリアド・サイエンシズは以前、抗HIV薬や画期的なC型肝炎治療薬の売上急増で飛ぶ鳥を落とす勢いでした。

しかしその後両薬とも競争激化に直面し、株価も低落していました。

そのような中、今年3月にCEOに就任したダニエル・オデイは、前経営陣が買収したものの低迷していた同業のカイト・ファーマを立て直しました。

さらに最近、ベルギーのバイオテクノロジー企業ガラパゴスNVへの50億ドルの出資拡大を決定し、免疫系治療薬のパイプラインを拡充しました。

市場は、オデイの経営戦略を評価し、年初来で株価は約7%上昇しています。

これは、過去3年続いた株価下落トレンドの反転と見ることができるでしょう。

オデイに解決すべき課題は多いですが、それでもガラパゴスへの出資拡大は、オデイが経営改善に関して明確なビジョンを持っていることを示唆しているとみられます。

ガーダント・ヘルス:画期的なリキッドバイオプシーにポテンシャル

ガーダントは、今後かなり有望なリキッドバイオプシー(血液を使った生体検査)を販売しています。

通常は手術をして生体を取り出してがん検査をしますが、リキッドバイオプシーでは血液のDNAを分析してがんを特定するので、検査手術は不要になり患者の体の負担が大きく減ります。

ガーダントには既に3つのリキッドバイオプシーがあります。

Guardant360は後期段階のがん患者対象で、最も効果的な治療法決定をサポートします。

GuardantOmniは製薬企業向けで、臨床研究段階にあるがん治療薬の評価に使われます。

今年初めに発表された最も新しいLunar DNAは、早期がん発見およびがんの再発発見向けでまだ研究用途のみです。

ガーダントのこれら3製品はまだFDA(米食品医薬品局)の承認を受けていません。

今年の第3四半期にガーダントはGuardant360の承認申請を行う予定です。

しかし、限定用途で使用できるため、ガーダントの売上高は急速に伸びています。

ガーダントは、米国だけでも現在の製品の市場規模は390億ドルと見込んでいます。

同社は大腸がんDNA検査用の新製品も開発しつつあり、今後最も有望なヘルスケア株の一つです。

注目される米国ヘルスケア株3銘柄:イルミナ、テラドック、ガーダント

ヘクソ:マリファナの娯楽目的使用合法化で事業機会拡大

カナダでマリファナの娯楽目的使用が合法化され、米国でも一部の州で合法化の動きが広がっています。

大麻やヘンプ(麻)から抽出されたマリファナや化学物質は、消費者向け製品に使われつつあり、ヘクソを含む大麻株にとって大きな事業機会となりつつあります。

ヘクソは元々、医療目的の合法マリファナ市場に製品を提供していましたが、娯楽向けの成人市場で大手となりました。ヘクソは直近四半期に前四半期比98%増の9,800キログラムのマリファナを製造し、年産生産15万キログラムを計画しています。これでヘクソはカナダの主要マリファナ生産企業となる可能性があります。

ヘクソはまた主要消費財企業と提携し、米国での事業拡大を計画しています。

また、最近、ヘクソは2020年にかけて26万キログラムのヘンプ供給を確保しました。

これは化学的なCBD(カンナビジオール*)抽出に使われます。経営陣は、来年初めまでに、ヘンプ由来のCBD製品を米国の8州で導入する計画です。

*CBDは大麻に含まれる成分ですが、幻覚作用を生み出すTHC(テトラヒドロカンナビノール)と構造式が異なるため、全く別の作用をします。医療効果のある製品として近年注目を集めています。

米国およびカナダのマリファナ市場規模は年間で500億ドル超と見込まれ、ヘクソのポテンシャルは大きいと予想されています。

成長ポテンシャルを秘める北米小型株3選:アップワークなど

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事のギリアド・サイエンシズ担当の筆者George Budwellは、記事で言及されている株式を保有していません。ガーダント・ヘルス担当のKeith Speightsは、ギリアド・サイエンシズ株とガーダント・ヘルス株を保有しています。ヘクソ担当のTodd Campbellは、ギリアド・サイエンシズ株を保有しています。モトリーフール社は、ギリアド・サイエンシズ株とガーダント・ヘルス株を保有し、そして推奨しています。モトリーフール社は、ヘクソ株を推奨しています

最新記事