MENU

ドル・コスト平均法とは

出典:Getty Images

モトリーフール・シンガポール支局より

ドル・コスト平均法は、価格変動の激しい市場から投資家が自身を守るために使用されているものです。一定の金額を、時間をかけて特定の企業の株式に投資することで、たとえ不況であっても、ある程度、保有株式を守ることができます。

ドル・コスト平均法は、定期的に投資する金額を固定するものですので、株式が安い場合は多く購入でき、高価な場合は購入する株式が減ることになります。ドル・コスト平均法の支持者は、市場のタイミングを計ることはできないと主張しています。固定金額で定期的に買うということは、高価格で株式を買う場合もありますが、低価格で株式を買うこともでき、数学的には理にかなっていると主張しています。

しかし、ドル・コスト平均法の批判者は、投資先の株価が時間とともに上昇した際に、つけを払わされると信じています。早期に可能な限り投資しないことによって、投資家は不利な立場に置かれると考え、高利益を享受する機会を逃していると主張しています。これもまた数学的に理にかなっています。

要するに、数学はほとんど何でも証明できることを示しています。一括して投資するための大金を持っていない人にとって、ドル・コスト平均法は役に立つと考えられます。(実際、いきなり大金を投資できる人は滅多にいません)ドル・コスト平均法を利用することで、一度に大きな資金を投資するために貯蓄できるまで待つ必要はありません。

ドル・コスト平均法には心理的利点もあります。たとえば、大金を投資した後すぐに株価が下がると、精神的に辛いものです。しかし、一定期間に渡って投資をしていた場合、市場の変動はあまり気になりませんので、それほど辛くはないと思われます。但し、ドル・コスト平均法を活用する場合は、取引手数料が毎回かかってくることに注意しておいてください。