The Motley Fool

「おまとめローン」とは?メリット・デメリットをきちんと把握しよう

借金を一本化してお得になるイメージのある「おまとめローン」。

正しい知識を持って金融機関を選ばないと、返済額が増えたり、法的措置を取らなければいけなかったり、気をつけなければいけない点も多いです。

この記事では、おまとめローンの基本的な説明やメリットデメリットについてご説明しています。

おまとめローンとは

借金を一つにまとめることが目的のローンです。

フリーローンを利用して借金をまとめることもできますが、フリーローンは総量規制や限度額など制限がありますので、思い通りにまとめられないことがあります。

おまとめローンは制限などが緩和されていますので、高額な借金をまとめる時にも利用しやすいサービスです。

借り換えローンとは

似た言葉に「借り換えローン」があります。

借り換えローンは、借金の借入先を変更する仕組みです。

現在よりも金利の低いローンに借り換えて、合計の返済額を減らす目的で行われます。

おまとめローンと借り換えローンの違い

どちらも現在の借金の借入先を変更して、合計の返済額を減らしたり、返済年数を減らしたり、完済しやすくする仕組みです。

おまとめローンは、借り換えローンの一つ。

借り換えローンを利用して、借金を一本化を目的としています。

おまとめローンを利用するときのポイント

おまとめローンは、現状よりも借金の返済を楽にすることが大切です。

そうでなければまとめる意味がありません。

具体的なチェックポイントは下記の通りです。

  • 現在よりも合計の金利が下がるか?
  • おまとめ後の毎月の返済額は現実的か?
  • 返済回数は少なくなるか?
  • ローンを全てまとめることができるか?

※おまとめローンの限度額が500万円、現在のローンの合計が600万円の場合、別のおまとめローンを検討すべきです。

おまとめローンを利用することで本当にお得になるのか?きちんとチェックしましょう。

おまとめローンとして利用できるローンの種類

「おまとめローン」という名前がついていなくとも、おまとめローンとして利用できるものがあります。

フリーローンやカードローン、キャッシングなどがその例です。

おまとめローン目的で作られているわけではないので、限度額が決まっていたり、総量規制があったりと使いにくい面もありますが、条件によってはおまとめローンとして利用できます。

おまとめローンの5つのメリット

借り入れ先の多い人にとって、おまとめローンは救世主のような存在です。

5つのメリットをご説明します。

金利が下がり、合計の返済額が減る

今よりも金利の低い商品に乗り換えることで、金融機関に支払う金額が削減できます。

ただし、金利が低くなっても、返済期間が伸びてしまうと合計の返済額は増えます。

金利だけでなく、返済期間にも気をつけましょう。

毎月の返済額が減り、楽になる

おまとめローンを検討している人のほとんどが「毎月の返済が苦しい人」だと思います。

おまとめローンは基本的に毎月の返済額が減るようになっていますので、検討してみましょう。

返済日が月1なので返済計画が立てやすい

おまとめローンは、複数の借り入れ先を一本化するものです。

例えば5社から借り入れている場合、毎月5回の返済日があります。

スケジュールがややこしく、「口座にお金を用意できなかった」ということも。

おまとめローンで借り入れ先を一本化すると、毎月の返済日は1日になります。

スケジュールが把握しやすく、心理的な負担も軽減できます。

トラブルが起きたときの対応が1社で済む

万が一支払いでトラブルが起きたとき、おまとめローンで一本化していると対応するのは1社で済みます。

もし5社から借り入れをしていると、5社それぞれと連絡を取らなければいけません。

もしもの時の対応が楽になるのもおまとめローンのメリットです。

おまとめローンは返済専用なので借金が増えない

おまとめローンは返済専用です。

返済途中で「追加でローンを申し込みたい」と思っても、不可能です。

ローンが増えないため、「これ以上ローンを増やしたくない」という方にはおすすめです。

おまとめローンの3つのデメリット

便利なおまとめローンですが、デメリットもあります。

新たに借り入れできない

おまとめローンは返済専用です。

新たにローンを申し込みたくとも、不可能です。

追加でローンを申し込む可能性のある方は、安易におまとめローンを利用しないように気をつけましょう。

上手く利用しないと金利が上がり合計返済額が増える可能性がある

金利や返済期間の計算を間違うと、合計返済額が下がるどころか、増えてしまう可能性があります。

返済できない場合は法的な措置を取らなければいけない可能性が高い

おまとめローンを利用すると、追加でローンを組めません。

そのため、返済できない場合は他の金融機関から借りることが難しく、債務整理や自己破産などの措置を取らなければならない可能性があります。

まとめ

おまとめローンは便利な反面、正しい知識を持たないと損をすることもあります。

複数の金融機関で相談し、ご自分に合ったローンを選択しましょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事