The Motley Fool

【米国株動向】ビジュアル検索のピンタレストの投資機会は?

モトリーフール米国本社、2019710日投稿記事より

2019年に最も期待されているIPO(新規株式公開)の1つであるビジュアル検索エンジンのピンタレスト(NYSE:PINS)は、初値から一時40%上昇し、その後13%増前後で推移しています。

ピンタレストは、米国の全国平均以上の収入を得ている母親に人気があります。

ユーザー人口としては、米国のインターネットユーザーの43%、インターネットを駆使する母親の80%近くに達します。

ピンタレストは広告主にとって魅力的なプラットフォームで、5月中旬にピンタレストは上場企業として初めての四半期決算報告書を出しました。

大化けする企業としての要素を持っていますが、第1半期(1月~3月)の動きを確認しましょう。

IPO時に業績見通しが提供されていたことから、上場企業としてのピンタレストの最初の決算報告には多くの驚きはありませんでした。

実際、第1四半期は54%の増収、月間アクティブユーザー数は22%増の2億9,100万人に達していました。

ピンタレストは、2019年通期で40%〜43%の増収を見込んでいます。

これは、昨年の60%の急増と比べると見劣りしますが、ピンタレストは今年10億ドル規模の売上高を予想しており、この規模の企業で40%を超える成長を遂げているのはまれなので市場から歓迎されています。

プラットフォームの人気が高まり続ける限り、ピンタレストは成長を続けるでしょう。

食品、家庭、美容、ファッションの強力なライフスタイルの中核分野に重点を置いているため、広告やEコマース(電子商取引)を通じて収益化することは難しくないと考えられます。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者Rick Munarrizは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事