The Motley Fool

リスクの高い仮想通貨で積立投資を行うメリット・デメリット

投資にも株・債券・FX・投資信託など様々な種類があります。

その中でも今回紹介したいのは仮想通貨の積立投資です。

2017年末から2018年にかけて仮想通貨バブルと言われる価格急上昇があり、多くのネットやニュースで取り上げられました。

仮想通貨で一番メジャーなビットコインを例にとると、バブル崩壊後一時1ビットコイン30〜40万円台を推移していましたが、現在の市場では1ビットコイン80〜90万円台となっております。(2019年5月時点)

仮想通貨に投資してみたいけれど、価格変動が大きくリスクが高いため投資に踏み込めないという方もいらっしゃると思います。

そこで注目すべきなのが、仮想通貨の積立投資です。

仮想通貨の積立と個別株の積立との違い

仮想通貨の積立に採用する投資の手法は「ドル・コスト平均法」と呼ばれるものです。

相場の値動きに関係なく、毎月一定の金額内で購入できる量を買い付けていくため、仮想通貨の価格が上がったときは高値掴みを避けることができ、価格が下がったときは安く多くの量を買い付けることができます。

仮想通貨の積立購入サービスは、現在新規受付を中止しているところが多いのですが、自分で毎月決まったタイミングで購入することで始めることができます。

株式も手軽に始めることができる株式ミニ投資というものがあります。

通常であれば、決められた単元数が決まっており、個別銘柄を購入する株式投資には数十万円〜数百万円かかるため、気軽に始めにくい・分散投資しにくいと言ったデメリットがありました。

しかし、近年は株式投資を少額からコツコツ積み立てたい・複数の銘柄をもって分散させたいというニーズに合わせたサービスが出てきています。

さて、この仮想通貨積立と個別株の積立の違いは以下のようなものがあります。

ボラティリティの高さ

仮想通貨は、多くの人に認知されるようになってからまだ歴史が浅く、その価値が安定していません。

まだ不安定な部分はありますが、ブロックチェーンの技術や仮想通貨そのものの概念は世界各国の政府や企業が注目しており、その伸びしろに期待が集まっています。

そのため、急激に価格が高騰・下落することもあり、ボラティリティの高い金融商品で、「リスクが大きい」などといったマイナスのイメージを持たれがちです。

しかし、積立投資を行うことでそのリスクを軽減し、平均取得単価を下げることができます。

一方株式投資ですが、長い歴史があり多くの投資家が投資対象としています。

そのため、株の種類も多く大企業のものからベンチャー企業のものまでその選択肢は様々。

仮想通貨のようにボラティリティの高い銘柄や、株価が安定している銘柄があり、各投資家の投資スタイルにあったものを選択することが可能です。

手数料の高さ

そしてもう一つ、仮想通貨・個別株の積立投資の違いは手数料の高さです。

近年、個別銘柄を月々少額から購入・積立が出来るプチ株といったものがあります。

通常は購入できる最低単元が決まっていますが、これは仮想通貨のように少額から株を購入できる仕組みです。

購入手数料は、ネットでの購入で約定金額の0.5〜1.08%、コールセンター経由での取引だと約定金額1〜6%程度に設定されています。

投資信託は売買手数料・運営管理手数料・解約手数料などがありますが、それと比べると比較的安い手数料で株の積立を行うことが可能です。

一方仮想通貨は、取引手数料や入出金手数料が無料となっている取引所がいくつかありますので、その取引所を選択することで手数料無料で積み立てていくこともできます。

毎月手動で積み立てるのが面倒くさいと思われる方もいるかもしれませんが、その分無料もしくは低額で毎月積み立てられるのは嬉しいですよね。

ただし、仮想通貨の取引手数料は各仮想通貨取引所によって異なりますので、始める際は確認してから行いましょう。

仮想通貨で積立投資をするメリット

仮想通貨が暴落した時のリスクヘッジ

1つ目が「仮想通貨が暴落した時のリスクヘッジになる」です。

先述のように、仮想通貨は価格の変動が大きい傾向にあります。

積立で時間・投資金額を分散させることで、一気に投資資金を溶かしてしまうリスクなどを回避することができ、暴落時のリスクヘッジを図ることが可能です。

平均取得単価を抑える効果が見込める

毎月一定金額の仮想通貨を購入するため、平均取得単価を抑える効果が見込めます。

少額から始めることができる

仮想通貨の最低購入金額は各取引所によって違ってきますが、500円から購入できるなど少額から始めることができます。

定期的にレートを確認する必要がなく、時間がない人も取り組みやすい

短期トレードを行う場合、日中の値動きを追わなくてはなりません。

積立投資は、サラリーマンなど時間のない方にオススメの手法です。

短期トレードに比べるとメンタル面で負担が少ない。

短期トレードは、安く買い高く売る判断を冷静に行わなければなりません。

また、短期間の価格の上下を見るため価格が暴落した時のメンタル面での負担があります。

積立投資は、機械的に毎月同じ金額を積み立てるだけですので、メンタル面への負担は比較的少ないでしょう。

仮想通貨で積立投資をするデメリット

仮想通貨の短期トレードはボラティリティが高い分、一気に大きな利益を上げることも可能です。

積立投資では、暴落時のリスクヘッジができる反面大きな利益は狙いにくいというデメリットがあります。

仮想通貨で積立投資を行うのであれば、長期的に見ていく必要があります。

仮想通貨で長期投資をしたいと思うなら積立投資は選択肢に入る

仮想通貨のバブルがはじけたと言われています。

しかし、その後も成果中の大手企業や政府が仮想通貨に注目・参入しています。

セキュリテーや信用性が少しずつ改善されることで、まだまだ成長に期待のできる投資商品です。

リスクを減らし、長期的に利益を出していきたいと思われている方は、仮想通貨の積立投資を選択肢の一つに入れてみてもいいかもしれませんね。

まとめ

今回は、仮想通貨の積立投資についてお話ししてきました。

今後の成長が期待されている仮想通貨。

出来るだけリスクを抑え利益を得るために、時間を見た方につけてコツコツと積み立てることが重要です。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事