The Motley Fool

【米国株動向】グルメバーガーのシェイク・シャック株、上半期に59%上昇

モトリーフール米国本社、2019年7月8日投稿記事より

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスによると、2019年上半期にS&P 500インデックスが17%上昇したのに対し、グルメハンバーガーチェーンのシェイク・シャック(NYSE:SHAK)の株価は59%上昇しました。

シェイク・シャックの来店客数は2018年第4四半期に回復し、既存店売上高は前年同期比2%増となりました。

増勢は2019年第1四半期も続き、価格上昇と来店客数の増加により、既存店売上高は4%近く増加しました。

シェイク・シャックの成長は、業界平均で見た場合それほど目覚ましくはありません。

マクドナルドの既存店売上高は、過去1年間でシェイク・シャックをはるかに上回っています。

シェイク・シャックはこれまで新規店舗拡大を抑えてきましたが、投資家は今後の販売拠点拡大に期待しています。

これは、同社の店舗ごとの営業利益率が25%前後と、競合他社の店舗営業利益率の20%未満よりも高いため、直ちに利益に貢献するためです。

シェイク・シャックは、長期的には少なくとも450の国内店舗展開を予定しており、加えて海外でもフランチャイズ店を拡大する意向です。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者Demitrios Kalogeropoulosは、マクドナルド株を保有しています。モトリーフール社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事