The Motley Fool

オーバーアロットメントとは?IPO・PO投資の基礎知識を把握しておこう

IPO(新規株式公開)やPO(公募増資・売出し)において、「オーバーアロットメント」という言葉がよく聞かれます。

上場直後の過熱を抑え、適正な株価がつくようにするための手法です。

今回は、オーバーアロットメントの意味について解説します。

オーバーアロットメントとは

オーバーアロットメントとは、企業が株式の公募や売出を実施する際に、需給状況に応じて主幹事証券が売出人となって行う売出しのことです。

主幹事証券は大株主から一時的に株を借りて、公募・売り出しと同一条件で投資家に転売します。

2002年1月より、国内で行われる募集又は売出しについて、オーバーアロットメントが行うことが許されるようになりました。

IPO(新規株式公開)とPO(公募・売出し)

IPO(新規株式公開)とは、未上場企業が上場し、証券市場での売買が可能になることをいいます。

一方、公募売出しは証券取引所にすでに上場している企業が、追加の資金調達や大株主の保有株売却などを目的に、一般投資家に株式を取得してもらうための行為。

IPOとPOの違いは、証券市場に上場しているかどうかです。

公募とは、会社が新たに発行する株式。

売出しは創業者など大株主が売却、市場に放出する株です。

IPOやPOの流れ

IPOとPOの価格決定には、「ブックビルディング方式」が採用されています。

ブックビルディング方式とは、仮条件を投資家に提示し、需給状況を把握した上で公開価格を決定する方式です。

IPOでは「購入希望価格」、 POでは「ディスカウント率」が提示されます。

ブックビルディング期間に需要が大きかった場合、主幹事証券会社は大株主からあらかじめ株を借り、その株を追加して投資家に販売することができます。

これが「オーバーアロットメント」です。

たとえば、IPOで人気が過熱して株価が急騰しそうだと予想される場合、主幹事証券は大株主からあらかじめ借りていた株式を追加的に売り出して、上場直後の過熱感を抑え適正な株価がつくようにするのです。

熱を冷ますので「冷やし玉」と呼ばれることもあります。

公募価格・売出価格・オーバーアロットメントの価格は、すべて同じ公開価格で売却されます。

ただし、過剰販売および利得行為の発生を避けるため、オーバーアロットメントによる合計数量は、公募・売り出し予定数量合計の15%を上回ることは禁じられています。

グリーンシューオプションとは

オーバーアロットメントは大株主から株を借りているので、主幹事証券会社は株を買い戻す作業をしなくてはいけません。

しかし人気のあるIPO株では、初値(上場日以降に始めてついた株価)が2~3倍まで値上がりすることも珍しくありません。

IPO株が大きく値上がりすると、オーバーアロットメントによる売出しを行った証券会社は大きな損失を抱えてしまいます。

この問題を解決するために、証券会社はあらかじめ既存株主とグリーンシューオプションという契約を結ぶのです。

グリーンシューオプションとは、オーバーアロットメントによる売出しが実施された場合に、借り入れた株式などの返還を目的に主幹事証券が行使する権利のことをいいます。

簡単にいうと、もし株価が値上がりしていた場合、公募価格プラス手数料のお金を支払うことで、借りていた株を返却するということです。

シンジケートカバー取引とは

もし株価が公開価格を下回っていた場合は、グリーンシューオプションの権利を行使せずに、市場で株式を買い付けて返却することもできます。

このような取引をシンジケートカバー取引といいます。

たとえば、オーバーアロットメントにより既存株主から2,000円で株式を借りたとします。

そして、上場後に株価が1,500円になっていた場合、証券会社は市場から1500円で株式を取得し、既存株主に株式を返還します。

その結果、証券会社は「2000円―1500円=500円」の利益を出すことができるのです。

オーバーアロットメントが行われることにより、投資家にとってはIPO株やPO 株を取得できる可能性が高まるというメリットがあります。

しかし、オーバーアロットメント制度は、証券会社や発行体にもメリットがあります。

証券会社は、株価がオーバーアロットメントで仕入れた値段を下回った場合、シンジケートカバー取引により利益をだすことができます。

また、オーバーアロットメントには需給安定化の役割があります。

証券会社が株式を購入することで、買い需要が増えるからです。

株主からすると株価を下支えしてくれるメリットがあるということになります。

まとめ

今回は、オーバーアロットメントについて解説しました。

オーバーアロットメントには、IPOやPO後の株価を安定化させる効果があります。

ただし、すべての銘柄の株価が安定するわけではありません。

公募や売出しの規模が小さい銘柄は、需給がひっ迫しやすいので値動きが荒くなる傾向があります。

一方、規模が大きい銘柄は株価が安定しやすいという特徴があります。

IPOやPOを申し込む際は、公募・売り出しの規模にも注意を払うようにしましょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事