The Motley Fool

分散された不動産ポートフォリオのための3つのREIT

モトリーフール・カナダ支局、2019年6月10日投稿記事より

賃貸用不動産の所有と管理に伴う煩わしさなしに、分散された不動産ポートフォリオに基づく不労所得を検討している場合、3つのREIT(不動産投資信託)が有力と考えられます。

これら3つのREITの分配金利回りは5%を超えており、しかも市場の下落に対する強い耐性を有しています。

産業用不動産への投資

カナダのREITであるWPT Industrial REIT(TSX:WIR.U、以下「WPT」)は、米国内に69の産業用不動産および1つのオフィス用不動産のポートフォリオを所有しており、総賃貸可能面積は2,100万平方フィートです。

当REITは、1投資口あたり毎月0.76米ドルの定期的な分配金を支払い、魅力的な5.5%の利回りとなっています。

事業から得られるキャッシュフローの約90%を分配金に充てており、かつそれは持続可能と考えられます。

WPTのテナントは、リースに係る費用を負担します。

つまり、税、メンテナンス、保険、修理など、リースされる不動産の関連コストの大部分を負担します。

WPTのテナントには、ゼネラル・ミルズ、コンチネンタル・タイヤ、ユニリーバ、アマゾン・ドットコムなどの大手企業が含まれています。

2019年第1四半期(1月~3月)の業績は堅調で、99%という驚異的な稼働率でした。

また、負債比率は37%、インタレスト・カバレッジ・レシオは2.9倍でした。

NOI(純営業利益)は前年同期比で11%増加し、1投資口当たりの簿価は4%増加しました。

WPTの利益は、賃貸収入の増加と新たな米国内の13の産業用建物および3つの土地区画の取得により拡大し続けるでしょう。

Eコマース(電子商取引)の急速な拡大は、物流センターの需要を大幅に増加させています。

当該施設を多く保有するWPTは、Eコマース拡大の恩恵を受けるでしょう。

ポートフォリオをグローバルに分散

高齢化社会および医療需要の増加の恩恵を受けつつ国際的なエクスポージャーを得るための一般的な選択としてNorthWest Healthcare Properties REIT(TSX:NWH.UN、以下「NorthWest」)があります。

当REITの分配金利回りは6.6%以上で、キャッシュフローの99%を配当に回しています。

そして、当REITは世界的に分散された158のヘルスケア施設を所有しており、総賃貸可能面積は約1,200万平方フィートにものぼります。

NorthWestは、オーストラリアでNOIの39%、カナダで26%、ブラジルで22%、そしてヨーロッパで残り13%を稼いでいます。

2019年第1四半期には、オーストラリアで11物件、12億カナダドルの買収を行いました。

これにより、当REITはオーストラリアにおけるヘルスケア不動産の主要プロバイダーとしての地位を固めました。

NorthWestは、2019年第1四半期を96.8%の驚異的な稼働率、13年の加重平均リース期間、および54.5%の負債比率で終了しました。

また、NOIは前年同期比で4%増、キャッシュフローは15%増でした。

そして、最近の買収は収益を確実に後押しし、NorthWestの安定性をさらに高めるでしょう。

代替資産への分散化

Dream Hard Asset Alternatives Trust(TSX:DRA.UN、以下「Dream Hard Asset」)は、不動産開発、不動産貸付、および不動産所有に重点を置いており、実物不動産の代替資産へのアクセス提供に焦点を当てています。

毎月分配し、持続可能な分配金利回りは5%強です。Dream Hard Assetのポートフォリオの大部分はカナダに集中しています。

カナダはNAV(純資産価値)の90%近くを占め、6.9%が米国に、3.5%がイギリスにあります。

当REITは、不動産開発、不動産管理、再生可能エネルギーの分野に重点を置いています。

純資産の46%が開発および投資活動関連で、残りが貸付ポートフォリオです。

当REITの2019年第1四半期は堅調でした。負債比率は24%と低く、キャッシュは3,350万カナダドルでした。

また、営業活動により生じたキャッシュフローは、前年比41%増の500万カナダドルとなりました。

現在、当REITは1投資口当たりのNAV8.72カナダドルに対して15%の割引価格で取引されているため、注目すべきでしょう。

経営陣は、英国およびカナダの再生可能電力資産の売却を検討するなど、当REITの価値を引き上げるための戦略に着手しました。

電力資産の処理が増加するにつれ、Dream Hard Assetの市場価値は増大していくでしょう。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Matt Smithは、記事で言及されている銘柄を保有していません。モトリーフール社は、アマゾン株を保有しています。NorthWest Healthcareは、モトリーフールのStock Advisor Canadaが推奨しています。Dream Hard AssetとWPT Industrialは、モトリーフールのDividend Investor Canadaが推奨しています。

最新記事