The Motley Fool

【米国株動向】イーベイの株価が年初来で41%上昇した理由

モトリーフール米国本社、2019年7月3日投稿記事より

Eコマース(電子商取引)大手のイーベイ(NASDAQ:EBAY)の株価は、2019年上期に40.7%上昇しました(S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンス調べ)。

力強い成長が株価を押し上げたのではなく、年初までバリュエーションが低かったことが急上昇の原因とみられます。

イーベイは、昨年末にかけて流通取引総額(GMV)の減速に直面し、増収率も押し下げられました。

これがイーベイの安定的な業績に期待していた投資家を失望させました。

第1四半期のGMVも低迷したため、同期の増収率も2%程度に減速しました。

しかし、悪材料はほぼ全て株価に織り込まれたとみられ、投資家は買い始めました。

【米国個別株動向】イーベイ、予想を上回る好決算

新マーケットプレイスへの誘導

第1四半期に経営陣は、買いやすくなった新マーケットプレイスにアクティブユーザーを移動させようとしました。

新マーケットプレイスは新たなユーザーからは好評ですが、以前からのユーザーはなかなか新マーケットプレイスに移動していないようです。

さらに、イーベイは、第1四半期に高額商品販売への販促費用を削減しました。

これは、高額商品販売が経営陣が予想したほどのリターンを生まなかったためです。この結果、第1四半期のGMVが減速しましたが、経営陣はマーケットプレイスでの売上数量の堅調な増加を発表しました。

昨年の業績が減速していたとはいえ、年初の株価は安く、予想PER(株価収益率)の10倍強で取引されていました(7月3日現在の予想PERは13倍)。

投資家は明らかに割安とみて、今年上期に買い上げてきました。

今後の見通し

投資家は特に「プロモーテッド・リスティング」に期待しています。

これは出品者による有料の成果報酬型広告で、商品価格の一部を広告費にすることでパーセンテージにもよりますが出品した商品の表示が増えたり、検索順位が上位になります。

なお、成果報酬型なので広告掲載自体で料金は発生せず、商品が売れた時に広告費用を支払います。

出品者は少しでも早く売るためにプロモーテッド・リスティングを活用しているため、第1四半期にプロモーテッド・リスティングの売上は6,500万ドルを超え、長期売上目標の10億ドルへの道を歩んでいます。

全体としては、昨年末に多くの投資家が懸念したほど業績は悪くはありません。

第1四半期の実績に基づき、経営陣は通期見通しを引き上げました。

為替中立ベースの売上高は前年比2%~3%増、調整後利益は2.64ドル~2.70ドル(中間値で見た場合、前年比15%増)を予想しています。

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)

「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

元記事の筆者John Ballardは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、イーベイ株を推奨しています。

最新記事