The Motley Fool

長期的な資産運用は積立投信がおすすめ。メリット・デメリットを解説

長期的な資産運用を考えた場合、積立投信は有効な方法です。

いちど銘柄や金額を決めたら、後は自動的に投資信託を購入してくれるサービスだからです。

今回は積立投信のやり方とメリット・デメリットを紹介します。

積立投信とは

積立投信とは、毎日や毎月などあらかじめ決まった日に、決まった金額で投資信託を自動購入するサービスです。

基本的には毎月1回の積立が多く、積立金額はネット証券ならば100円、その他の証券会社や銀行などでは1,000円から開始できるところが多くなっています。

投資信託とは、ファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロに運用を任せる金融商品。

株式やFX のようなハイリスク・ハイリターンではなく、複数の銘柄を組み入れることで分散投資を行い、投資リスクを軽減させて長期で安定的なリターンを目指すのです。

積立投信を行うことによって、将来の目標金額に向けて、少額の資金で資産運用を始められます。

積立投信のメリット

まとまった資金がなくても少額から始められる

株式や債券の場合は、まとまった資金が要ります。

たとえば、株式の場合は売買単位が100株なので、1,000円の株を買おうとすると10万円の資金が必要。

積立投信なら100円から始められるので、自分の経済状況に応じて投資を始めることが可能です。

自動引き落としなので手間がかからない

月に1回など指定の日を決めておけば、毎月自動で引き落としがされるので、投資信託を購入する手間や時間がかかりません。

投資に時間が割けない忙しい人でも、ムリなく投資を続けられます。

さらに、自分で購入するタイミングを決める必要がないので、投資におけるストレスを軽減できます。

株式や投資信託を自分で購入する場合、毎日の値動きをチェックする必要があるからです。

さらに購入後も値段が気になり、値動きに一喜一憂することになります。

積立投信は自動で購入してくれるので、毎日の値動きを気にする必要はありません。

ですから、心理的なストレスを軽減させる効果があるのです。

ドルコスト平均法が使える

積立投資を行うことにより、投資信託を「ドルコスト平均法」で買い付けることができます。

ドルコスト平均法とは、月1回など決まった日に一定金額分の投資信託を買っていく方法。

毎回、一定金額分を買うことにより、値段が高い時は少ししか買わず、値段が安い時に多く買えます。

たとえば、毎月1万円積立投信で購入する場合、投資信託の基準価額が1万円なら1万口買えますが、基準価額が2万円なら5,000口と口数が減ります。

一方、基準価額が5,000円に下がっている場合は、2万口と多く買うことが可能です。

分散投資でリスクをおさえられる

積立投信なら少額で投資信託を買えるので、複数の投資信託を選べます。

投資信託自体が複数の銘柄で構成されているので分散投資の効果がありますが、投資信託自体の数を増やすことにより、さらにリスクを軽減させることができるのです。

ただし、一つのファンドでも国内外の株式や債券・不動産・コモディティ(金や原油などの商品)など様々な 金融商品に投資する「バランス型ファンド」もあります。

積立投信を行う場合は、バランス型ファンドに投資するのか、個々のファンドを組み合わせて、自分自身でポートフォリオ(資産の組み合わせ)を組むかを決める必要があります。

初心者の人はバランスファンドを選び、運用に慣れてきたら個別のファンドを選ぶようにするといいでしょう。

積立投信のデメリット

手数料がかかる

積立投信でも通常の投資信託を購入するのと同じように、販売手数料や信託報酬といった運用コストがかかります。

販売手数料とは、投資信託を購入する時に支払う費用。また、信託報酬とは投資信託を管理・運用してもらうためのコストで、保有している間毎日かかります。

少額で積立投信を始めた場合、これらのコストはあまり意識しないでしょうが、長期間運用していると大きな金額になります。

とくに信託報酬は保有している間かかり続けるコストなので、なるべく信託報酬が安い投資信託を選ぶようにしましょう。

短期間で大きな利益は望めない

積立投信は安定的に長期で資産形成を目指す投資法です。

株式やFXのように短期間で大きなリターンをだすことは極めて難しいといえます。

たとえば、一括で株式などに投資した場合、短期間で2倍になることもあります。

しかし、積立投信の場合は毎月2万円ずつなどコツコツと積み上げていくので、株式のように短期間で大きなリターンは期待できません。

つみたてNISAで積立投信を始めよう

積立投信を行う場合は、非課税制度である「つみたてNISA」を利用するのがおすすめです。

つみたてNISAとは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための制度です。

対象商品は、手数料が低水準で長期・積立・分散投資に適した投資信託に限定されています。

さらに投資信託の値上がり益や分配金に対して税金がかからないので、非常にお得な制度です。

具体的な仕組みは以下のようになっています。

出典:金融庁

つみたてNISAの新規投資額は毎年40万円が上限。

一ヶ月で考えると約33,000円まで積立を行うことができます。

約33,000円までは「つみたてNISA」を利用し、この金額を超える場合は、通常の積立投信を行うようにしましょう。

まとめ

今回は、積立投信について解説しました。

長期で資産形成を行う場合は、リスクを軽減させながら安定的な収益が期待できる積立投信が最適です。

ただし、投資信託なので元本保証ではないことに注意しましょう。また非課税制度である「つみたてNISA」の利用をオススメします。

ネット証券を利用すれば100円と少額から始められるので、自分自身の経済状況に合わせて、ムリせずに資産運用を続けていきましょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事