The Motley Fool

今さら聞けないふるさと納税の仕組みについてわかりやすく解説

「ふるさと納税」という言葉はよく聞きますが、実際にどんな仕組みなのか意外と分からない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ふるさと納税の基本的な仕組みやメリットデメリットについて解説しています。

ふるさと納税とは一言でいうと

好きな自治体に寄付をできる制度です。

住民税と所得税の還元や控除があり、節税対策として利用する人も多くいます。

寄付した自治体からお礼の品として食品やお得な券などをもらえるため、お礼の品を目当てにふるさと納税をする人もいます。

ふるさと納税は、自治体によっては寄付金の使い道も選択することができます。

例えば「教育関係に使ってほしい」「福祉関係に使ってほしい」「観光に使ってほしい」など選択ができます。

ふるさと納税でもらえる返礼品の例

ふるさと納税の返礼品といえば食べ物のイメージが強いですが、自治体によって食べ物以外もあります。

人気の返礼品には下記のようなものがあります。

  • スポーツ観戦チケット
  • 乗馬などのアクティビティのチケット
  • 希少な和牛
  • 高級海鮮
  • ワインの詰め合わせ
  • 高級フルーツ

ゆかりのある自治体や好きな自治体に寄付するのももちろんですが、返礼品が嬉しい自治体に寄付する人も多いです。

ふるさと納税をするメリット

人気のふるさと納税にはどのようなメリットがあるのかご説明します。

税金の面でお得に感じる

年収や家族の状況にもよりますが、自己負担額2,000円で数十万円分寄付し、たくさんの返礼品がもらえることがあります。

住民税や所得税の負担を減らしたい方は、早めにふるさと納税について情報収集しましょう。

使い道が選べるので社会貢献している気持ちになれる

自治体によっては使い道を選択することができます。

例えば自分の故郷になかなか帰れないビジネスマンが「地元のために」と、故郷に数十万円寄付することもできるのです。

普段支払っている税金は使い道を選べません。せっかく払っても何に使われているのが分からず、支払っている意義を感じにくいのが現実です。

ふるさと納税は使い道が選べる唯一の方法です。

せっかく払うなら使い道を選びたい、という方はぜひ検討しましょう。

好きな返礼品を選べる

一番嬉しいのは返礼品ですよね。

普段なかなか購入できない高級な特産品や、旅のクーポン券が送られてきます。

家族へのプレゼントとしても嬉しいですね。

ふるさと納税をするときに気をつけたいこと

お得なふるさと納税ですが、使い方を間違えると損することも。

節税になるわけではない

ふるさと納税は節税になるイメージがありますが、実際には節税になっているわけではありません。

住民税を納める先が変わっただけで、支払う税金が減ったわけではありません。

ふるさと納税を利用しないと、自分が住んでいる自治体に税金を納めるだけです。

一方、ふるさと納税を利用すると、好きな自治体に税金を納め、返礼品がもらえます。

節税になるわけではなく、住民税の支払先を変更して返礼品をもらう仕組みです。

確かに返礼品をもらえるのでお得ですが、節税されているわけではないのです。

返礼品の自粛要請があり、高価な返礼品が減った

2017年に総務省から自治体へ自粛要請がなされたため、商品券や家電などの高価な返礼品が減りました。

そのため還元率も大幅に減っています。

ふるさと納税で損することはありませんが、高価な返礼品が減ったのは事実です。

返礼品目当てではなく、「どこの自治体に貢献したいか」という意識を持ってふるさと納税を利用しましょう。

確定申告が難しい

「ワンストップ特例制度」という確定申告の手間を軽減してくれるシステムはありますが、提出書類などもあり、少し煩雑です。

「年末の忙しい時期に手続きするのは面倒」と感じる方にはおすすめできません。

まとめ

ふるさと納税は節税になるわけでもなければ、必ずしも高価な返礼品がもらえるわけでもありません。

どの自治体に貢献したいか?を考えながら寄付先を選びましょう。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。

最新記事